電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 10:30
省電力無線マルチホップネットワークにおける親ノード探索時間短縮アルゴリズムのフィールド評価
土江康太八百健嗣OKI)・寺西裕一NICTIN2017-125
抄録 (和) 省電力マルチホップセンサネットワークの課題の1つに,ネットワーク加入時の親ノード探索時間の短縮がある.この課題に対し,我々は親選択条件を満たす近隣ノードが参加ノードの探索要求に優先的に応答する親ノード探索方式を提案している.提案方式では,応答の衝突による親ノード探索時間の増加を防ぐため,近隣ノードに応答タイミングを自律的に分散させるためのパラメータを導入している.本稿では,上述のパラメータ値と親ノード探索時間との関係を実フィールドで評価し,従来方式と比較して親ノード探索時間を短縮できるパラメータ値を明らかにした.また同環境でネットワーク加入時間を測定し,提案方式はノード設置密度に極端に偏りがある環境を除きネットワーク加入時間を短縮できることを明らかにした. 
(英) In low-power wireless multi-hop sensor networks, increases the parent discovery time is an important issue because in the conventional scheme, the joining node chooses the best parent node from among all its neighboring nodes. In the proposed scheme, if a neighboring node satisfies the parent selection condition for the joining node, it informs the joining node before the other nodes. The proposed scheme also introduces a parameter that changes the timing with which they reply in an autonomous distributed manner. We measured the processing time on various parameter values using an actual field and we revealed parameter values that reduce the time compared with the conventional scheme. We also measured the network joining time of these schemes on the field. The result shows the proposed scheme can reduce the time excepting some networks such that node distributions are extremely imbalance.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / マルチホップ / 間欠動作 / ネットワーク参加 / 親ノード探索 / / /  
(英) wireless sensor network / multi-hop / intermittent operation / network joining / parent node discovery / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-125, pp. 213-218, 2018年3月.
資料番号 IN2017-125 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2017-125

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 省電力無線マルチホップネットワークにおける親ノード探索時間短縮アルゴリズムのフィールド評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Field Evaluation of Parent Node Discovery Time Reduction Algorithm for Low-Power Wireless Multihop Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / wireless sensor network  
キーワード(2)(和/英) マルチホップ / multi-hop  
キーワード(3)(和/英) 間欠動作 / intermittent operation  
キーワード(4)(和/英) ネットワーク参加 / network joining  
キーワード(5)(和/英) 親ノード探索 / parent node discovery  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 土江 康太 / Kota Tsuchie / ツチエ コウタ
第1著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: OKI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 八百 健嗣 / Taketsugu Yao / ヤオ タケツグ
第2著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co., Ltd. (略称: OKI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺西 裕一 / Yuuichi Teranishi / テラニシ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-125 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.213-218 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会