電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 11:45
広帯域OFDMの周波数依存性IQインバランスに対するconstant norm algorithmを利用したブラインド補償
濱邊亮人中川匡夫鳥取大)・李 斗煥加保貴奈NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線通信のさらなる高速化を実現するための信号周波数の広帯域化は,直交変調器・復調器の位相誤差・振幅誤差(IQインバランス)の受信信号帯域内の周波数偏差を増大させ,信号品質を劣化させる.このような周波数依存性のあるIQインバランスを有するOFDM信号に対し,トレーニング信号を用いないブラインド推定で補償する技術を検討し,今回,constant norm algorithm(CNA)をIQインバランス補償に適した形式に修正して適用し,従来のconstant modulus algorithm(CMA)よりも伝送特性が改善したので報告する. 
(英) As the frequency bandwidth in wireless communications are wide, impairments of analog circuits of transceivers including IQ imbalance become exacerbated and have frequency-dependent. In this paper, we report a blind compensation technique for frequency-dependent IQ imbalance of OFDM systems using constant norm algorithm (CNA). It shows better transmission performance compared to conventional constant modulus algorithm (CMA).
キーワード (和) IQインバランス / 直交誤差 / OFDM / CNA / CMA / ブラインド補償 / /  
(英) IQ imbalance / quadrature error / OFDM, / CNA / CMA / blind compensation / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 458, SRW2017-90, pp. 105-108, 2018年2月.
資料番号 SRW2017-90 
発行日 2018-02-21 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 広帯域OFDMの周波数依存性IQインバランスに対するconstant norm algorithmを利用したブラインド補償 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Blind frequency-dependent IQ imbalance compensation using constant norm algorithm for OFDM systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IQインバランス / IQ imbalance  
キーワード(2)(和/英) 直交誤差 / quadrature error  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM,  
キーワード(4)(和/英) CNA / CNA  
キーワード(5)(和/英) CMA / CMA  
キーワード(6)(和/英) ブラインド補償 / blind compensation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱邊 亮人 / Ryoto Hamabe / ハマベ リョウト
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 匡夫 / Tadao Nakagawa / ナカガワ タダオ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 斗煥 / Doohwan Lee / リィ ドウハン
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 加保 貴奈 / Takana Kaho / カホ タカナ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2017-90 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.105-108 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SRW-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会