電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 09:20
Resource Poolingの観点におけるCCNマルチパス輻輳制御の性能評価
大塚一輝速水祐作関西大)・萬代雅希上智大)・山本 幹関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ユーザ間で共有されるネットワーク資源に対し,これを公平に分配する際の礎となる概念としてResource Poolingが提案されている.現在のIPネットワークにおいて,複数のパスを通してTCP輻輳制御により情報転送を行う状況を対象に,Resource Poolingの概念を具現化したマルチパス輻輳制御方式MPTCP (Multipath TCP)が提案され,一部のOSでは実用に供されている.コンテンツ指向アーキテクチャに基づき提案されたCCN (Content-Centric Networking)に対しては様々な輻輳制御が提案されており,複数送信ノードに対応したマルチパス輻輳制御方式もいくつか提案されている.本稿では,我々が提案しているCCNマルチパス輻輳制御方式をResource Poolingの観点で考察する.シミュレーションを用いた性能評価により,CCNマルチパス輻輳制御方式が,Resource Poolingに基づくユーザ間の公平なネットワーク資源割当てを実現していることを明らかにする. 
(英) Resource Pooling concept is proposed for fair share of total network resources among all users sharing a network. MPTCP(Multipath TCP) has been proposed as one of the most promising congestion control which realizes Resource Pooling in the situation that each user can utilize multiple paths. In CCN(Content-Centric Networking), several multipath/multisource congestion control methods have been proposed. In this paper, we discuss these congestion control methods from the viewpoint of Resource Pooling and show that our previously proposed congestion control satisfies Resource Pooling concept. Our simulation results also show that our proposed congestion control achieves global fairness among users, which means Resource Pooling concept is satisfied.
キーワード (和) コンテンツ指向ネットワーク / 輻輳制御 / 資源割当 / 複数送信ノード / / / /  
(英) Content-Oriented Network / Congestion Control / Resource Pooling / Multiple Content Sources / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-203, pp. 203-208, 2018年3月.
資料番号 NS2017-203 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Resource Poolingの観点におけるCCNマルチパス輻輳制御の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of CCN Multipath Congestion Control from Resource Pooling Viewpoint 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツ指向ネットワーク / Content-Oriented Network  
キーワード(2)(和/英) 輻輳制御 / Congestion Control  
キーワード(3)(和/英) 資源割当 / Resource Pooling  
キーワード(4)(和/英) 複数送信ノード / Multiple Content Sources  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 一輝 / Kazuki Otsuka / オオツカ カズキ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 速水 祐作 / Yusaku Hayamizu / ハヤミズ ユウサク
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 萬代 雅希 / Masaki Bandai / バンダイ マサキ
第3著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 幹 / Miki Yamamoto / ヤマモト ミキ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-203 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.203-208 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会