電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 14:30
高密度ネットワークにおけるゲーム理論を用いた新しい電力制御アルゴリズム
Meghalee GoswamiKang KangZhenni PanShigeru Shimamoto早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) A User centric network is one of the prominent and promising solutions to the exponential growth of mobile data in 5G systems. In a User centric network a transmission point group (TPG) dynamically organizes itself for each user. This dynamic organization of transmission points causes severe interference under dense Transmission point (TP) deployment in the UCN. Co- Channel neighbor cells worsens the user performance. To combat the situation of a user centric network, a power control algorithm is proposed using Game theory. In this problem, a unique cost function is developed to address the problem of interference through a downlink power control algorithm for the transmission point to the User equipment and SINR (Signal-to-noise ratio) of the user equipment. We also prove the convergence of the solution, existence of Nash Equilibrium. In addition the algorithm shows better results than the KG algorithm. 
(英) A User centric network is one of the prominent and promising solutions to the exponential growth of mobile data in 5G systems. In a User centric network a transmission point group (TPG) dynamically organizes itself for each user. This dynamic organization of transmission points causes severe interference under dense Transmission point (TP) deployment in the UCN. Co- Channel neighbor cells worsens the user performance. To combat the situation of a user centric network, a power control algorithm is proposed using Game theory. In this problem, a unique cost function is developed to address the problem of interference through a downlink power control algorithm for the transmission point to the User equipment and SINR (Signal-to-noise ratio) of the user equipment. We also prove the convergence of the solution, existence of Nash Equilibrium. In addition the algorithm shows better results than the KG algorithm.
キーワード (和) Power Control / game theory / user centric network / interference mitigation / / / /  
(英) Power Control / game theory / user centric network / interference mitigation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-386, pp. 369-374, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-386 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 高密度ネットワークにおけるゲーム理論を用いた新しい電力制御アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Unique Power Control Algorithm using Game Theory in Dense Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Power Control / Power Control  
キーワード(2)(和/英) game theory / game theory  
キーワード(3)(和/英) user centric network / user centric network  
キーワード(4)(和/英) interference mitigation / interference mitigation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Meghalee Goswami / Meghalee Goswami /
第1著者 所属(和/英) Waseda University (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Kang Kang / Kang Kang /
第2著者 所属(和/英) Waseda University (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhenni Pan / Zhenni Pan /
第3著者 所属(和/英) Waseda University (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Shigeru Shimamoto / Shigeru Shimamoto /
第4著者 所属(和/英) Waseda University (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-386 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.369-374 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会