電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 13:50
水中での超音波を用いたP2P通信のためのMANETのルーティングプロトコルとマルチホップブロードキャスト通信の比較
海道真哉高見一正創価大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,海中通信に関する研究や調査は盛んにおこなわれている.海中での通信は,環境調査や海底資源探査,漁業など様々な分野での活用が期待されている.一方で,水中の近距離通信の研究は少ない.本稿では水中で行う近距離通信として,スキューバダイビングに焦点を当てる.ダイバー同士が水中P2P通信を行うため,MANETを構築する.MANETの既存のルーティングプロトコルであるAODV(Ad hoc On-demand Distance Vector),OLSR(Optimized Link State Routing)を水中で効率的に行うための条件を検討し,経路構築を行わないMulti-hop Broadcast (MB)プロトコルと比較評価した. 
(英) Recent years have seen a growing interest in underwater communication and some progress in this area. However, underwater communication is still immature compared with terrestrial communication. A prime reason for this is that the underwater environment is intrinsically not suitable for propagation of electric waves. Instead, ultrasonic waves are mainly used for underwater communication. Since ultrasonic waves cannot provide sufficient communication speed or capacity, they cannot use existing network technologies, which assume use of radio waves. In particular, communication in shallow water is still an uncharted territory. Few communication technologies are employed in environments where people enjoy scuba diving. This paper addresses problems faced by recreational scuba divers. We have compared multi-hop broadcast communication and P2P communication using MANET to communicate stray node.
キーワード (和) 超音波 / 海中通信 / MANET / P2P通信 / スキューバダイビング / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-135, pp. 273-278, 2018年3月.
資料番号 IN2017-135 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水中での超音波を用いたP2P通信のためのMANETのルーティングプロトコルとマルチホップブロードキャスト通信の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison between MANET Routing Protocol and Multi-hop Broadcast Communication for Peer to Peer Communication Using Acoustic in Underwater 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波 /  
キーワード(2)(和/英) 海中通信 /  
キーワード(3)(和/英) MANET /  
キーワード(4)(和/英) P2P通信 /  
キーワード(5)(和/英) スキューバダイビング /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 海道 真哉 / Shinya Kaido / カイドウ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高見 一正 / Kazumasa Takami / タカミ カズマサ
第2著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-135 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.273-278 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会