電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-02 10:30
[依頼講演]帯域内全二重と自己干渉除去の構成
宮路祐一上原秀幸豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 帯域内全二重は,同一周波数における同時送受信を可能とする通信方式であり,5G & Beyondに向けて研究・開発が進められている.しかし,帯域内全二重を実現するためには自己干渉を高精度に除去する必要がある.2017年10月に開催されたRCS研究会における依頼講演では,適応ディジタルフィルタについて報告した.本報告では,自己干渉を除去するアナログフィルタの研究動向について概説する.また,アナログフィルタの構成を,通信機間の送受信において空間を共有するか否かの観点で分類する.それぞれの分類において,自己干渉除去の構成が物理層や上位層に与える影響に関して述べる. 
(英) In-band full duplex, which is a new communication system attracting attention for 5G and beyond, can transmit and receive information simultaneously at same frequency band. However, self-interference cancellation is essential for realizing in-band full duplex. We reported some results on an adaptive digital filter in RCS of October 2017. In this report, we review some research trends on analog filters regarding self-interference cancellation. Furthermore, we classify the analog filters into two categories from the spatial channel between two in-band full-duplex terminals. In each category, we clarify the relationship between in-band full-duplex communication and structure of analog self-interference canceller.
キーワード (和) 帯域内全二重 / 自己干渉除去 / アナログフィルタ / / / / /  
(英) in-band full duplex / self-interference canceller / analog filter / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-375, pp. 313-313, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-375 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 帯域内全二重と自己干渉除去の構成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship between In-Band Full Duplex and Structure of Self-Interference Cancellation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 帯域内全二重 / in-band full duplex  
キーワード(2)(和/英) 自己干渉除去 / self-interference canceller  
キーワード(3)(和/英) アナログフィルタ / analog filter  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮路 祐一 / Yuichi Miyaji / ミヤジ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 秀幸 / Hideyuki Uehara / ウエハラ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-02 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-375 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 p.313 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会