お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 15:15
BLEビーコンを用いた高齢者特殊詐欺防止機能の検討
大西将也佐藤生馬藤野雄一公立はこだて未来大LOIS2017-80
抄録 (和) 2016年には,特殊詐欺の認知件数が14,151件と過去最高を記録した.そのうち,78%が高齢者の被害件数であり,高齢者の特殊詐欺被害の防止が課題に挙げられる.特殊詐欺にあった高齢者の入金方法として,ATMを利用した支払いやコンビニなどでのレジでの支払いが多く行われているが,一人で行うことができるATMでの支払いに着目し,被害の防止を検討する.そこで本研究では,BLEビーコンから受信する電波強度(RSSI)とスマートフォンに搭載されている各種センサを用いた高齢者見守りシステムの一つとして,特殊詐欺防止機能の検討を目的とする.高齢者への特殊詐欺防止機能として,バイブレーションによる異常の通知,スマートフォンの画面による危険通知,高齢者の家族へのメール送信といった機能を実装した.評価実験の結果として,スマートフォンを利用した特殊詐欺防止機能は有用であるという結果が得られた. 
(英) In 2016, the number of billing frauds was 14,151, a record high, in which the victims of elderly people occupied 78%. Prevention of billing fraud for elderly people is important issue. The methods of paying money for elderly people who have suffered a billing fraud, are using an ATM, a cash register of a convenience store. We pay attention to an ATM payment that can be done by one person, and consider the prevention methods from the fraud damage. The purpose of this study is to develop the preventing function from billing fraud using the BLE beacons and some sensors of their smartphones. As a preventing function from billing fraud for the elderly people in front of the ATM machine using their smartphone, we have implemented notification of abnormality by vibrations, showing the “Text” notification, and sending a mail to their family members. As a result of the experiment, preventing function from billing fraud by using smartphone is confirmed.
キーワード (和) BLEビーコン / 高齢者 / 特殊詐欺 / スマートフォン / / / /  
(英) BLE Beacon / Elderly People / Billing Fraud / Smartphone / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 464, LOIS2017-80, pp. 55-60, 2018年3月.
資料番号 LOIS2017-80 
発行日 2018-02-22 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2017-80

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) 那覇市IT創造館 
開催地(英) Naha-City IT Souzoukan(Okinawa) 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2018-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) BLEビーコンを用いた高齢者特殊詐欺防止機能の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Preventing Function from Billing Fraud for Elderly People using BLE Beacons and Smartphone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BLEビーコン / BLE Beacon  
キーワード(2)(和/英) 高齢者 / Elderly People  
キーワード(3)(和/英) 特殊詐欺 / Billing Fraud  
キーワード(4)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 将也 / Masaya Ohnishi / オオニシ マサヤ
第1著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: FUN)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 生馬 / Ikuma Sato / サトウ イクマ
第2著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: FUN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤野 雄一 / Yuichi Fujino / フジノ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: FUN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2017-80 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会