電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 16:35
K0.45Na0.55NbO3系セラミックスの作製及びその特性
青木俊輔番場教子信州大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 本研究では難焼結性のニオブ酸カリウムナトリウム(K0.45Na0.55NbO3)セラミックスにリチウム及びタンタルを固溶することで焼結性及び特性を改善した非鉛圧電セラミックスの作製を目指した。Aサイト(K0.45Na0.55)を0.035molのLi、Bサイト(Nb)をTa0.2molで置換固溶し、同組成の粉末で成形体を覆って1150℃で焼成した試料で圧電定数d33=175pC/Nが得られた。同組成の試料をKリッチなK0.5Na0.5NbO3の粉末で覆って焼成した試料の圧電定数d33=161pC/Nより高い値を得ることができた。試料の組成のみならず、焼成時の成形体を覆う粉末の組成を変えるだけで、試料の特性に違いが現れることが確認された。 
(英) The purpose of this study is to improve the sinterability and properties of potassium sodium niobate (K0.45Na0.55NbO3) ceramics by solid solution of lithium and tantalum into K0.45Na0.55NbO3 ceramics. Piezoelectric constant d33 = 175 pC/N was obtained with (K0.45Na0.55)0.965Li0.035Nb0.8Ta0.2O3 ceramic covered with powder of the same composition and sintered at 1150°C. The piezoelectric constant was higher than d33 = 161 pC/N of (K0.45Na0.55)0.965Li0.035Nb0.8Ta0.2O3 ceramic covered with K0.5Na0.5NbO3 powder containing more K than the specimen. From these result, it was confirmed that not only the composition of the sample but also the composition of the powder covering the sample (green body) during sintering influences the property of the sample.
キーワード (和) ニオブ酸カリウムナトリウムセラミックス / リチウム / タンタル / 固溶体 / / / /  
(英) Potassium Sodium Niobate Ceramics / Lithium / Tantalum / Solid Solution / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 461, CPM2017-124, pp. 33-36, 2018年3月.
資料番号 CPM2017-124 
発行日 2018-02-22 (CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPM  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) 東京工科大学 
開催地(英) Tokyo Univ. of Technol. 
テーマ(和) 電子部品材料若手ミーティング 
テーマ(英) CPM young researcher's meeting 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2018-03-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) K0.45Na0.55NbO3系セラミックスの作製及びその特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fabrication and the Property of K0.45Na0.55NbO3 Based Ceramics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ニオブ酸カリウムナトリウムセラミックス / Potassium Sodium Niobate Ceramics  
キーワード(2)(和/英) リチウム / Lithium  
キーワード(3)(和/英) タンタル / Tantalum  
キーワード(4)(和/英) 固溶体 / Solid Solution  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 俊輔 / Syunsuke Aoki / アオキ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 番場 教子 / Noriko Bamba / バンバ ノリコ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 16:35:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CPM 
資料番号 IEICE-CPM2017-124 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CPM-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会