電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 11:50
[技術展示]5G向け低SHF帯Massive MIMOアクティブアンテナシステム
丸田 靖望月拓志NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 5G実現要件の一つとして、eMBB (enhanced Mobile Broad Band) に対応した大容量化が求められる。大容量化を実現する技術として、我々は、早期実用化が期待される低SHF帯におけるMassive MIMO技術に着目し、検討を行っている。
本展示では、開発した4.65GHz±150MHz帯で信号帯域幅100MHzを有し、デジタルビームフォーミングを実現する小型Massive MIMOアクティブアンテナシステム (Active Antenna System : AAS) について、本装置の特徴や機能を紹介するとともに、屋外環境にて行ったフィールドトライアルの例を紹介する。 
(英) To achieve capacity enhancement and low power consumption, Massive MIMO has drawn attention as a key technology. Our research focuses on utilizing Massive MIMO in the low SHF band, which is expected to be used for 5G commercial bands relatively soon.
In this exhibition, we introduce a prototype of 4.65 GHz±150 MHz-band and 100 MHz bandwidth Massive MIMO active antenna system (AAS) which achieves digital beamforming and an example of practical outdoor field trials.
キーワード (和) 5G / Massive MIMO / 低SHF帯 / Massive MIMOアンテナ / AAS / デジタルビームフォーミング / /  
(英) 5G / Massive MIMO / Low-SHF-band / Massive MIMO antenna / AAS / Digital Beamforming / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-359, pp. 227-227, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-359 
発行日 2018-02-21 (RCS, SR, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G向け低SHF帯Massive MIMOアクティブアンテナシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low-SHF-Band Massive MIMO Active Antenna System for 5G 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(3)(和/英) 低SHF帯 / Low-SHF-band  
キーワード(4)(和/英) Massive MIMOアンテナ / Massive MIMO antenna  
キーワード(5)(和/英) AAS / AAS  
キーワード(6)(和/英) デジタルビームフォーミング / Digital Beamforming  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 靖 / Yasushi Maruta / マルタ ヤスシ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 望月 拓志 / Takuji Mochizuki / モチヅキ タクジ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 11:50:00 
発表時間  
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-359,IEICE-SR2017-125,IEICE-SRW2017-79 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456(RCS), no.457(SR), no.458(SRW) 
ページ範囲 p.227(RCS), p.67(SR), p.53(SRW) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21,IEICE-SR-2018-02-21,IEICE-SRW-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会