電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 11:10
GaBPにより大規模化した電波暗号化非直交多元接続手法のターボ符号化による性能改善の検討
岡本英二堀池直登名工大)・山本哲矢パナソニック
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5G)では多数のInternet of things(IoT)端末通信を収容するシナリオとしてmassive machine type communications(mMTC)が検討されている.そしてmMTCの主要な実現技術として非直交多元接続手法が提案されている.我々はその一つとして物理層秘匿性を有する電波暗号化即時送信型非直交多元接続手法(grant-free sparse chaos code multiple access: GF-SCCMA)を提案し,低演算量信号分離手法のガウス確率伝搬法(Gaussian belief propagation: GaBP)を適用することでユーザ数の大規模化を図る手法を提案した.しかし既存の非秘匿非直交多元接続手法と誤り率特性を比べると,その優位性が限定的であり劣化する場合もあった.そこで本稿では,提案手法の性能改善のために外部にターボ符号を連接し,復号側で対数尤度比をやり取りすることにより伝送性能改善を行う手法を提案する. 
(英) In the fifth generation mobile communications system (5G), wireless connections among lots of Internet of things (IoT) devices will be accommodated in the massive machine type communications (mMTC) scenario. As a realizing technology for 5G mMTC, non-orthogonal multiple access (NOMA) schemes have been proposed. We have proposed a grant-free sparse chaos code multiple access (GF-SCCMA) exploiting the principle of chaos communications for mMTC. It realizes both physical layer security and large-capacity transmission. We also proposed a large-scaled GF-SCCMA by applying a low-complexity Gaussian belief propagation (GaBP) scheme in decoding. However, the performance of GF-SCCMA with GaBP is not always superior to conventional NOMA schemes with GaBP. Therefore, in this study, we propose a turbo-code concatenated GF-SCCMA with GaBP to improve the decoding performance, and show the better performances through numerical simulations.
キーワード (和) 5G / 非直交多元接続手法 / カオス / 物理層秘匿性 / ガウス確率伝搬法 / ターボ符号 / /  
(英) 5G / non-orthogonal multiple access scheme / chaos / physical layer security / Gaussian belief propagation / turbo code / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-366, pp. 265-270, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-366 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GaBPにより大規模化した電波暗号化非直交多元接続手法のターボ符号化による性能改善の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on performance improvement of radio wave encrypted-massive sparse chaos code multiple access scheme using Gaussian belief propagation by turbo-code concatenation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 非直交多元接続手法 / non-orthogonal multiple access scheme  
キーワード(3)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(4)(和/英) 物理層秘匿性 / physical layer security  
キーワード(5)(和/英) ガウス確率伝搬法 / Gaussian belief propagation  
キーワード(6)(和/英) ターボ符号 / turbo code  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀池 直登 / Naoto Horiike / ホリイケ ナオト
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NITech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 哲矢 / Tetsuya Yamamoto / ヤマモト テツヤ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-366 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.265-270 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会