電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 09:40
高可用分散クラスタにおける高信頼仮想ノード配置法
鈴木涼子上田清志日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,大規模なwebアプリケーションなどの利用が一般化し,大規模なデータ処理を可能とすることが求められる.通信事業者が提供するセッション制御サーバなどの基幹システムにおいても,分散クラスタで分散し,データ処理負荷を分散しつつ災害等でもデータを保持することが求められる.そのため,データの複製を他のサーバに配置し,データを管理する手法が研究されてきた.par
データの複製は,ID空間上でデータの原本を所有する仮想ノードの右隣の仮想ノードへ配置される.しかし,どちらの仮想ノードも同一サーバのものである場合,データの原本と複製が同一サーバ上で管理される(複製の衝突).サーバの故障削除などが発生するとデータが消失してしまうため,複製の衝突は避けなければならない.また,データの原本を持つサーバとその複製を持つサーバが地理的に近い距離に存在した場合,大規模災害などでどちらのサーバも故障すると,データが失われる可能性がある.本研究では,高信頼であり,かつ地理的距離を考慮したノード配置を行う. 
(英) In these days,such as the large-scale web application,the large-scale data handling is required. In the core computer system such as the session control servers which a carrier provides, it is pursued that the data should be handling even in disasters.Therefore we placed replication the of data to other servers, and technique to manage the data has been studied.
The replication of data is placed to the virtual node of the right neighbor of the virtual node to own the original of data on ID space. However, the original and the replication of data are managed on the same server when both virtual nodes are things of the same server (collision of the reproduction). Because data disappear when the trouble of the server occurs, we must avoid the collision of the reproduction. In addition, data may be lost when the server breaks down by large-scale disasters when the server having the original of data and a server having the replicationare near geographically. We discuss the study that virtual node placement in consideration of geographical distance.
キーワード (和) 高可用分散クラスタ / データ冗長化 / 激甚災害対策 / / / / /  
(英) High Availability Distributed Clusters / Data Raplication / Disaster Recover / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-173, pp. 33-36, 2018年3月.
資料番号 NS2017-173 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高可用分散クラスタにおける高信頼仮想ノード配置法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reliable Virtual Nodes Placement Method in High Availability Distributed Clusters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高可用分散クラスタ / High Availability Distributed Clusters  
キーワード(2)(和/英) データ冗長化 / Data Raplication  
キーワード(3)(和/英) 激甚災害対策 / Disaster Recover  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 涼子 / Ryoko Suzuki / スズキ リョウコ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon Univercity (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 清志 / Kiyoshi Ueda / ウエダ キヨシ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon Univercity (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-173 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会