電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 16:25
FPGAを用いた組込みシステム向けDNNフレームワークの構想
山本椋太岡本卓也本田晋也名大)・趙 茜松本斗貴中本幸一兵庫県立大)・酒井 完青山哲也若林一敏NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) DNN (Deep Neural Network) が様々な分野で利用され始めており,組込みシステム分野でも需要がある.
しかし,組込みシステムには厳しいリソース制約があるため,
低消費電力,省メモリかつリアルタイム性を考慮した実装が要求される.
また,FPGAは特定の演算に対する回路を柔軟に構築可能であり,
CPUと比べて高速かつGPUと比べて低消費電力に演算可能だと言われている.
そこで本研究ではFPGAを利用した組込みシステム向けDNNフレームワークの検討を行う.
本フレームワークは,既存の汎用マシン向けDNNフレームワークによる学習結果から,
高位合成用C言語ソースコードを生成し,FPGAに実装する.
本稿では,フレームワークの構想を述べ関連する研究との関係性を述べる. 
(英) Recently, a DNN (Deep Neural Network) is used in many areas, and it required a field of an embedded system.
For an embedded systems, because its implementation may have severe restrictions on memory, speed, and real-time property.
On the other hand, an FPGA can be configured a flexible logic circuit for specializing calculations.
It can calculate faster than CPUs and lower power than GPUs.
This study, we consider a DNN framework for an embedded system using an FPGA.
Our framework has a generator for C language source code for high-level synthesis then configure FPGA using trained date generated by existent DNN framework.
This paper, we describe a concept of the framework and the relationship between our study and related work.
キーワード (和) DNN / FPGA / 高位合成 / / / / /  
(英) Deep Learning / FPGA / High-Level Synthesis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 455, VLD2017-117, pp. 169-174, 2018年2月.
資料番号 VLD2017-117 
発行日 2018-02-21 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD HWS  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2018-02-VLD-HWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGAを用いた組込みシステム向けDNNフレームワークの構想 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Concept of DNN Framework for Embedded System Using FPGA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DNN / Deep Learning  
キーワード(2)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(3)(和/英) 高位合成 / High-Level Synthesis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 椋太 / Ryota Yamamoto / ヤマモト リョウタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 卓也 / Takuya Okamoto / オカモト タクヤ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本田 晋也 / Shinya Honda / ホンダ シンヤ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 茜 / Qian Zhao / チヨウ セン
第4著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Hyogo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 斗貴 / Toki Matsumoto / マツモト トキ
第5著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Hyogo Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中本 幸一 / Yukikazu Nakamoto / ナカモト ユキカズ
第6著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Hyogo Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 完 / Tamotsu Sakai / サカイ タモツ
第7著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation Inc. (略称: NEC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 哲也 / Tetsuya Aoyama / アオヤマ テツヤ
第8著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation Inc. (略称: NEC)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 一敏 / Kazutoshi Wakabayashi / ワカバヤシ カズトシ
第9著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation Inc. (略称: NEC)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2017-117 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.169-174 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会