電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 09:20
無線環境下でのMPTCP選択的バイキャストにおけるクロスレイヤ制御による高速化
福山雅深山井成良東京農工大)・大坐畠 智電通大)・北川直哉東京農工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数の無線ネットワークインタフェースを搭載している端末は,通信状態に応じて使用するインタフェースを切り替えることで,Multipath TCP (MPTCP) 通信の安定性を向上させることができる.しかし,この方法はトランスポート層レベルでのパケットロスを検知するまで動作しないため,無線通信状態の悪化時にスループットが低下する問題があった.本研究では,データリンク層でのフレームロス率に基づいて,パケットロスの発生が発生するより前に通信状態の悪化を検出し,複数のネットワークインタフェースを経由してデータを送信することにより,スループットの低下を抑制する方法を提案する. 
(英) A device equipped with multiple wireless network interfaces can change the active interface to improve stability of Multipath TCP (MPTCP) communication. However MPTCP has a problem that throughput degrades when the condition of wireless communication deteriorates because this method works only after the transport layer detects packet losses. In this work, we propose the method to detect degradation of communication before packet loss occurs and to send data via multiple network interfaces based on frame loss rate in data link layer to prevent throughput decrease.
キーワード (和) マルチホーミング通信 / MPTCP / バイキャスト / クロスレイヤ制御 / / / /  
(英) multihoming communication / MPTCP / bicasting / cross layer control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-168, pp. 5-10, 2018年3月.
資料番号 NS2017-168 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線環境下でのMPTCP選択的バイキャストにおけるクロスレイヤ制御による高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Improvement by Cross Layer Control on MPTCP Selective Bicasting in Wireless Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホーミング通信 / multihoming communication  
キーワード(2)(和/英) MPTCP / MPTCP  
キーワード(3)(和/英) バイキャスト / bicasting  
キーワード(4)(和/英) クロスレイヤ制御 / cross layer control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福山 雅深 / Masami Fukuyama / フクヤマ マサミ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山井 成良 / Nariyoshi Yamai / ヤマイ ナリヨシ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坐畠 智 / Satoshi Ohzahata / オオザハタ サトシ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北川 直哉 / Naoya Kitagawa / キタガワ ナオヤ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-168 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会