電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 09:40
スケールフリーネットワークにおけるTEのためのフロー配置アルゴリズム
嘉藤 学有明高専)・川原憲治九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークの利用状況に応じて送信トラヒックの要求品質を満たすための経路選択を行うトラヒックエンジニアリング(Traffic Engineering, TE)は重要である。これまで、送受信ノード間フローの通信要求に応じて転送経路を仮決定(初期解生成)した後、ネットワーク構成リンクの最大値を最小化するように逐次フローを再配置するアルゴリズムを提案しているが、その有効性の評価にはランダムネットワークを仮定していた。しかし、実際のネットワーク構造はスケールフリー性を有するため、本研究ではネットワーク構造を意識し、最適状態への収束時間の改善を目的とした改良アルゴリズムを検討し、その効果を明らかにする。 
(英) We develop a flow allocation algorithm for TE in scale-free networks by considering its structure. And we then evaluate its performance. Concretely, each link weight is set based on its current load. This enables us to have a good initial solution to realize the load balancing. The proposed algorithm outperforms the existing one in terms of performance measures such as the average link utilization and its convergence time.
キーワード (和) トラヒックエンジニアリング / スケールフリー性 / フロー配置アルゴリズム / 負荷平滑 / SDN / / /  
(英) traffic engineering / scale-free nature / flow allocation algorithm / load balancing / SDN / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-95, pp. 33-38, 2018年3月.
資料番号 IN2017-95 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スケールフリーネットワークにおけるTEのためのフロー配置アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Flow Allocation Algorithm for TE in Scale-Free Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラヒックエンジニアリング / traffic engineering  
キーワード(2)(和/英) スケールフリー性 / scale-free nature  
キーワード(3)(和/英) フロー配置アルゴリズム / flow allocation algorithm  
キーワード(4)(和/英) 負荷平滑 / load balancing  
キーワード(5)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 嘉藤 学 / Manabu Kato / カトウ マナブ
第1著者 所属(和/英) 有明工業高等専門学校 (略称: 有明高専)
National Institute of Technology, Ariake College (略称: NIT, Ariake College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-95 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会