電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 09:40
遅延および出射・入射角度領域におけるマルチパス分離を用いたMIMOチャネル予測手法に関する考察
奥村香菜子小川恭孝西村寿彦大鐘武雄北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マルチユーザMIMOシステムの下り回線においては,基地局側でプリコーディングを行うためにチャネル情報が必要となる.通常,端末等の移動により無線伝搬環境は時変動となるため,チャネルを推定した時刻と信号を送信する時刻の間にチャネルが変動し,通信品質の劣化が問題となる.時変動チャネルの影響を軽減するため,パイロットシンボルによるチャネル推定を頻繁に行うと,伝送効率が低下する.精度の良いチャネル予測手法を開発することで,これらの問題を解決することが可能である.本稿では,基地局側で直線アレーアンテナ,端末側で円アレーを用いた広帯域通信を想定し,遅延・出射角度・入射角度の3次元領域で分離したマルチパス波を再合成するSOS(sum-of-sinusoids)法によるチャネル予測を提案する.次に,マルチパス2波モデルと実際の環境に近いWINNER IIモデルについて,チャネル予測精度を基に評価を行い,提案手法では従来法より良好な特性が得られることを明らかにする. 
(英) In downlink multi-user MIMO transmission, channel state information is required for precoding at a base station. The channel state changes during the time interval between channel estimation and signal transmission due to terminal motion, etc., and this deteriorates communication quality. To reduce the effect of the time varying channels, if we estimate channels by transmitting pilot symbols frequently at short intervals, the transmission efficiency is lowered. To solve this problem, it is important to predict channels with high accuracy.In this paper, assuming broadband communication using a large linear antenna array at a base station and a circular antenna array at a terminal, we propose an SOS(sum-of-sinusoids) channel prediction scheme. The method separates multipath signals in three domains, which are delay, angle of departure and angle of arrival domains. We perform the inverse discrete Fourier transform in the frequency domain, spatial discrete Fourier transform using basestation antennas and spatial filtering using user equipment antennas. We predict the future multipath signals in the three domains. Applying the inverse transforms, we predict all the channels. In this paper, we show the performance of the proposed scheme for a two-multipath model and a WINNER II model, which is considered to be similar to a real environment. For both the cases, the proposed scheme improves the channel prediction performance.
キーワード (和) チャネル予測 / MIMOシステム / マルチパス / SOS法 / インパルス応答 / 空間領域離散フーリエ変換 / /  
(英) channel prediction / MIMO system / multipath / SOS method / impulse response / spatial discrete Fourier transform / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-348, pp. 179-184, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-348 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遅延および出射・入射角度領域におけるマルチパス分離を用いたMIMOチャネル予測手法に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Considerations on a MIMO Channel Prediction Scheme Using Multipath Separation in Delay, Departure Angle, and Arrival Angle Domains 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) チャネル予測 / channel prediction  
キーワード(2)(和/英) MIMOシステム / MIMO system  
キーワード(3)(和/英) マルチパス / multipath  
キーワード(4)(和/英) SOS法 / SOS method  
キーワード(5)(和/英) インパルス応答 / impulse response  
キーワード(6)(和/英) 空間領域離散フーリエ変換 / spatial discrete Fourier transform  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 香菜子 / Kanako Okumura / オクムラ カナコ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-348 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.179-184 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会