電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 11:10
5G低SHF帯Massive MIMOにおける屋外実験によるデジタルビームフォーミングの特性評価
奥山達樹NTTドコモ)・泉井康平山崎健一郎NEC)・須山 聡増野 淳奥村幸彦NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 2020年以降の多種・多様なサービス・アプリケーションの提供に向けて,第5世代移動通信システム(5G)実現への期待が高まっている.5Gで大幅な大容量化・高速化を達成するための有力な技術として,超多素子アンテナを活用した高周波数帯Massive MIMOの研究開発が盛んに行われている.多素子アンテナを活用し,ビームフォーミング(BF)により伝搬損失を補償するとともに,複数ユーザ端末へのMIMO空間多重により周波数利用効率を向上することができる.様々な周波数帯での検討が進められているが,本報告では,低SHF帯(3~6 GHz)におけるフルデジタルMassive MIMOに着目する.ここで,低SHF帯におけるデジタルBFアルゴリズムの特性評価や,伝搬実験による特性評価は実施しているが,実験装置を用いた伝送特性はまだ十分に明らかにされていない.本報告では,中心周波数4.65 GHzのフルデジタルMassive MIMO装置を開発し,屋外伝送実験により,実環境での,カバレッジや4端末多重時のスループット特性を示し,低SHF帯フルデジタルMassive MIMOの有効性を明らかにする. 
(英) The fifth-generation (5G) mobile communication system has attracted much attention to provide various kinds of mobile services and applications for 2020 and beyond. Massive MIMO in high frequency bands is well known as promising technology to increase both system capacity and data rates dramatically. Massive MIMO can compensate for radio propagation loss by beamforming (BF) and increase frequency efficiency by MIMO spatial-division-multiplexing to multiple user equipment. BF algorithm suitable for each frequency has been studied. Although Massive MIMO has been studied in several frequency bands, this paper focuses on low SHF bands (3-6 GHz). Recently works have been shown performances of digital BF algorithms and propagation trials on low SHF bands. However, transmission performances using experimental equipment have not been clarified enough. Therefore, we developed fully digital Massive MIMO equipment using 4.65 GHz band and this paper shows an effectiveness of fully digital Massive MIMO by measuring coverage and four user multiplexing throughput in actual environment.
キーワード (和) 5G / 低SHF帯 / デジタルビームフォーミング / 屋外伝送実験 / / / /  
(英) 5G / Low SHF band / Digital Beamforming / Outdoor Transmission Trials / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-352, pp. 203-208, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-352 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G低SHF帯Massive MIMOにおける屋外実験によるデジタルビームフォーミングの特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Digital Beamforming by Outdoor Trials for 5G Massive MIMO in Low SHF Bands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 低SHF帯 / Low SHF band  
キーワード(3)(和/英) デジタルビームフォーミング / Digital Beamforming  
キーワード(4)(和/英) 屋外伝送実験 / Outdoor Transmission Trials  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 達樹 / Tatsuki Okuyama / オクヤマ タツキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉井 康平 / Kohei Izui / イズイ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 健一郎 / Kenichiro Yamazaki / ヤマザキ ケンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino / マシノ ジュン
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura / オクムラ ユキヒコ
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-352 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.203-208 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会