電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 11:10
企業向けNWにおけるIPトラヒックの単位時間当たりパケット到着数の特性分析と一考察
坂本陸歩齋藤 圭土谷浩史NTTコミュニケーションズ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,ネットワークを通過するトラヒックの増加,多様化が進んでおり,トラヒック特性を反映したネットワーク設計が一層重要となっている.とりわけ,IP系通信では,瞬間的なバーストトラヒックが発生しうるため,NW品質向上のためには,バースト性を含めてトラヒック特性を十分理解し,適切な帯域やバッファの設計を行う必要がある.筆者らは,従来研究において,NWトラヒックを観測し,パケット到着間隔の発生頻度分布が,おおよそ指数分布に従うものの,到着間隔が短い領域においては,指数分布に従わないことを確認している.これに対し,以上性質を再現する新たなパケット到着モデルを検討しているものの,再現性に課題があった.本論文では,以上の課題を踏まえ,従来モデルの問題点を分析した上で,新たな自己回帰モデルを提案する.また,シミュレーション評価を行い,提案モデルの妥当性評価を行う. 
(英) Recently, along with the increase and diversity of the traffic passing through the network, it is becoming more important to design a network considering with traffic characteristics. Especially, to improve communication quality, we have to set the network capacity and buffer size to be more adequately considering the burstiness of the traffic in IP networks. In conventional studies, we observed the actual network and found that the probability distribution of the packet arrival interval does not fit with the exponential distribution if the arrival interval is short. In addition, we proposed a new packet arrival model to represent these natures, however, the accuracy of the new model was insufficient. In this paper, we investigate issues of the conventional model and propose a new autoregressive model. Moreover, we evaluate the proposed model by the simulation.
キーワード (和) 企業向けNW / バーストトラヒック特性 / パケット到着間隔 / 指数分布 / / / /  
(英) enterprise network / burst traffic / inter-arrival time of packets / exponential distribution / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-107, pp. 105-110, 2018年3月.
資料番号 IN2017-107 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 企業向けNWにおけるIPトラヒックの単位時間当たりパケット到着数の特性分析と一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis and Study of Arrival Packets per Unit Time of IP Traffic in the Enterprise Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 企業向けNW / enterprise network  
キーワード(2)(和/英) バーストトラヒック特性 / burst traffic  
キーワード(3)(和/英) パケット到着間隔 / inter-arrival time of packets  
キーワード(4)(和/英) 指数分布 / exponential distribution  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 陸歩 / Rikuho Sakamoto / サカモト リクホ
第1著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications (略称: NTT Communications)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 圭 / Kei Saito / サイトウ ケイ
第2著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications (略称: NTT Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土谷 浩史 / Hirofumi Tsuchiya / ツチヤ ヒロフミ
第3著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications (略称: NTT Communications)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-107 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会