電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 09:40
複数周波数帯利用無線LANのハードウェア構成とエリアスループット評価
矢野一人江頭直人ウェバー ジュリアン熊谷智明ATR
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線LANトラヒックは増加の一途を辿っており,周波数利用効率の向上は急務である.そのため,筆者らは複数周波数帯に散在する空きリソースを検出して利用する複数帯域利用無線LANの検討を行っている.本稿では利用予定の無線チャネル間における送信権の獲得状況や無線チャネル間の相互干渉レベルに応じて3種類の伝送方式を使い分ける複数帯域利用無線LANのアクセスプロトコルを提案する.また,複数帯域利用無線LANでは利用する帯域やチャネルの数に応じたRF系統が必要となる.そこで,本稿ではハードウェア規模の大幅な増加を抑えつつも複数周波数帯の同時利用を実現するハードウェア構成を示す.そして,IEEE 802.11無線LANに基づくシステムシミュレーションによる,複数帯域利用無線LAN,および同一のRF系統数を用いた単一帯域でMIMO伝送を行う従来の無線LANとの間の平均エリアスループット比較を通じて,複数帯域利用無線LANの有効性を示す. 
(英) The authors have studied a multiband wireless LAN which can effectively detect and exploit unused radio resources scattered in time and frequency domains. This paper proposes a channel access protocol of the multiband wireless LAN. In the proposed protocol, each node selects one of three transmission schemes (asynchronous transmission on multiple channels, simultaneous transmission on multiple channels, and single channel transmission) according to the level of inter-channel interference and availability of transmission opportunity on multiple channels. This paper also proposes a hardware structure of the multiband wireless LAN without significant increase of hardware complexity compared with that of the conventional wireless LAN supporting MIMO transmission. Through computer simulations, it is confirmed that the multiband wireless LAN can achieve higher average area throughput than the conventional wireless LAN with the same number of RF ports.
キーワード (和) 無線LAN / マルチバンド / アクセス制御方式 / ハードウェア構成 / IEEE 802.11 / システムシミュレーション / /  
(英) wireless LAN / multiband / access control scheme / hardware structure / IEEE 802.11 / system simulation / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-362, pp. 241-246, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-362 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数周波数帯利用無線LANのハードウェア構成とエリアスループット評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hardware structure and area throughput evaluation of multiband wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) マルチバンド / multiband  
キーワード(3)(和/英) アクセス制御方式 / access control scheme  
キーワード(4)(和/英) ハードウェア構成 / hardware structure  
キーワード(5)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(6)(和/英) システムシミュレーション / system simulation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano / ヤノ カズト
第1著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 江頭 直人 / Naoto Egashira / エガシラ ナオト
第2著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ウェバー ジュリアン / Julian Webber / ウェバー ジュリアン
第3著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 智明 / Tomoaki Kumagai / クマガイ トモアキ
第4著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-362 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.241-246 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会