電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 09:20
モバイルエッジコンピューティングにおけるQoS最適VM移動制御
菊池 潤名大)・策力木格電通大)・計 宇生NII)・村瀬 勉名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) モバイルエッジコンピューティング(MEC)において、無線ネットワークとエッジサーバの輻輳によりアプリケーションのTCPスループットのようなサービス品質(QoS: Quality of Service)が低下する。QoS改善のため、輻輳度合いの小さいエッジノードにVM移動する方式が提案されている。しかし、従来の研究では、ひとつのVMを動かした場合のQoS改善度合いしか評価していない。さらに、MECにおける従来のユーザの動きに追従するVM移動方式では、多数のユーザが同一の方向に移動する場合は効果的ではない。したがって本論文では、全体のTCPスループットを最大にする、全てのユーザの最適なVMの配置場所とVMまでの通信経路を求め、実際の配置場所と最適な配置場所が異なる場合はVM移動により移動配置する最適VM移動方式を提案して、全体のTCPスループットを評価する。 
(英) For mobile edge computing (MEC), congestion avoidance can be achieved by distributing the workloads across multiple base stations (BS), more specifically, conducting a VM migration from a congested BS to a less congested one. However, existing studies evaluate QoS improvement by conducting a single VM migration. Furthermore, the existing VM migration management in which VMs are migrated to follow user movement is not effective when a lot of users move to the same place. Thus, in this paper, we evaluate the total TCP throughput by a VM migration management for total TCP throughput optimization in which VMs are optimally migrated and accessed via an optimal path.
キーワード (和) モバイルエッジコンピューティング / VM移動 / 無線マルチホップネットワーク / / / / /  
(英) Mobile Edge Computing / VM Migration / Wireless Multi-Hop Networks / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-98, pp. 51-56, 2018年3月.
資料番号 IN2017-98 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルエッジコンピューティングにおけるQoS最適VM移動制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) VM Migration Management for QoS Optimization in Mobile Edge Computing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルエッジコンピューティング / Mobile Edge Computing  
キーワード(2)(和/英) VM移動 / VM Migration  
キーワード(3)(和/英) 無線マルチホップネットワーク / Wireless Multi-Hop Networks  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 潤 / Jun Kikuchi / キクチ ジュン
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 策力木格 / Celimuge Wu / チリムゲ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 計 宇生 / Yusheng Ji /
第3著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Murase Tutomu / ムラセ ツトム
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-98 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会