電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 10:50
認証仮名ID鍵の軽量な割当方式の検討
福島裕介ベド カフレ原井洋明NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 認証仮名ID鍵通信は,メッセージ送信の否認不可性を与えつつ,パケットヘッダ等の暗号化されない情報を用いた送受信端末に対する第三者からの追跡リスク低減を可能とする.一方で、ID鍵を短期間に更新する必要があるため,通信端末数の増加に伴い割当メッセージ量の増加が課題となる.本稿では,認証仮名ID通信に必要な情報更新のメッセージ量削減を可能とする割当方式について検討する.提案方式では,従来方式と比べてメッセージ量を90%以上削減可能であることを示す. 
(英) Authorized pseudonym-based communication helps to mitigate tracking risks of message sender and receiver as well as providing a non-repudiation property for each message publisher. Challenging task on this is how to support dynamic and frequent pseudonym/key updates for many of mobile smart objects since a short-time key invalidation is necessary for time-critical applications. In this report, we study light-weight mechanisms for authorized pseudonym/key allocation that enable dynamic pseudonym-key recoupling as well as downsize allocation data size. Our evaluation results show that the proposed approaches admit dynamic recoupling and achieve over 90% message size reduction.
キーワード (和) プライバシ / 仮名ID / 無線通信 / モノのインターネット / / / /  
(英) Privacy-preserving communication / pseudonym / wireless communication technology / Internet-of-things / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-102, pp. 75-80, 2018年3月.
資料番号 IN2017-102 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 認証仮名ID鍵の軽量な割当方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Light-Weight Mechanism for Authorized Pseudonym/Key Allocation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プライバシ / Privacy-preserving communication  
キーワード(2)(和/英) 仮名ID / pseudonym  
キーワード(3)(和/英) 無線通信 / wireless communication technology  
キーワード(4)(和/英) モノのインターネット / Internet-of-things  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 裕介 / Yusuke Fukushima / フクシマ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ベド カフレ / Ved Kafle / ベド カフレ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原井 洋明 / Hiroaki Harai / ハライ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-102 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会