電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 10:00
マルチパスTCPを適用したEnd-to-End空間的統括TEの性能評価
波左間貴大川原憲治九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,インターネットの普及に伴うトラヒック増加に対応してネットワーク機器が増設されているため,ある送受信ノード間には複数の通信経路が存在する可能性がある.送信ノードからのTCPによるトラヒック転送では1経路固定であるが,その経路が高利用状態に達した場合,他経路とともに複数経路に分散転送することで輻輳緩和/回避を行うことが可能となる.一方,ネットワーク全体の利用状況が低い場合は低利用経路/リンクに集約
転送することにより複数ルータ/リンクの省電力化が期待できる.このように各経路の利用状況に応じて転送経路を制御することを空間的統括トラヒックエンジニアリング(Traffic Engineering,TE)と呼ぶ.しかし,TCPにおいて,上記のようなTEを実現する場合,転送経路はコネクション確立時に1経路に固定されてしまうため,通信中の利用状況に応じた経路切替は困難である.そこで,複数経路にコネクションを事前に確立して同時利用するMulti-Path TCP(MPTCP)の適用が有効であると考えられる.本研究では,MPTCPを利用したEnd-to-End空間的統括TEを提案し,シミュレーションにより経路利用状況に対する制御指針の切替閾値が転送性能や省電力性能に及ぼす影響について評価し,その有効性を示す. 
(英) In recent years, the number of network devices are rapidly increasing in the Internet for dealing with a huge amount of traffic, so that there would be multiple transmission paths for some source-destination pairs. In general, a source node transmits its traffic through one path with minimum hop to the destination. When the utilization of the path becomes high, the traffic can be distributed over multiple paths to relieve/avoid congestion while traffic from some sources are aggregated on some relatively low path/link for reducing power consumption.
In TCP, it would be difficult to achieve the spatial traffic engineering(TE) for both load balancing and energy saving. On the other hand, Multi-Path TCP(MPTCP) can establish and manage multiple connections on some paths simultaneously. Thus in this paper, we propose the end-to-end spatial TE on MPTCP, and investigate the impact of the threshold in terms of path utilization on both transmission and energy saving performance.
キーワード (和) 空間的統括TE(Traffic Engineering) / 負荷分散 / 省電力化 / Multi-Path TCP(MPTCP) / / / /  
(英) Spatial Traffic Engineering (TE) / Load Balancing / Network Greening / Multi-Path TCP(MPTCP) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-96, pp. 39-44, 2018年3月.
資料番号 IN2017-96 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチパスTCPを適用したEnd-to-End空間的統括TEの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of End-to-End Spatial TE on MultiPath TCP for both Energy Saving and Load Balancing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 空間的統括TE(Traffic Engineering) / Spatial Traffic Engineering (TE)  
キーワード(2)(和/英) 負荷分散 / Load Balancing  
キーワード(3)(和/英) 省電力化 / Network Greening  
キーワード(4)(和/英) Multi-Path TCP(MPTCP) / Multi-Path TCP(MPTCP)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 波左間 貴大 / Takahiro Hazama / ハザマ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 憲治 / Kenji Kawahara / カワハラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-96 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会