電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 10:30
高可用分散クラスタにおけるデータ冗長性動的制御手法
小野智央上田清志日大
抄録 (和) 通信事業者のネットワークに適用されるセッション制御サーバは,高可用,高信頼であり,耐故障性,リアルタイム性,スケーラビリティを持つことが必要とされる.現在,システム性能を柔軟に変更することが可能なスケールアウト型のセッション制御サーバアーキテクチャが研究されている.
一方,オートエンコーダを用いたネットワークの異常検知に注目が集まっている.オートエンコーダはニューラルネットワークを用いた次元削減アルゴリズムであり,特にネットワークのように異常の種類が多岐に渡るシステムに対する異常検知アルゴリズムとして有効であると考えられている.
本研究では,ネットワーク異常検知手法が適用されている環境で,コンシステント・ハッシュ法を用いた高可用分散クラスタを構成するサーバにおける故障の予兆的な異常や,クラスタ動作に影響するネットワークの軽微な異常を検知し,重大なサーバ故障及びネットワーク異常の発生以前にデータの冗長性を向上させることで,短時間で異常から復旧する手法を提案する. 
(英) Session control servers of carriers networks are required to have high availability, high reliability, fault tolerance, scalability, and be able to response in real time. We have studied the scale out type session control server architecture that could control system performance flexibly.
On the other hand, network anomaly detection technology using auto encoder has attracted attention. An autoencoder is one of dimensionality reduction algorithms using neural networks. It is considered to be effective as an anomaly detection algorithm for systems with various types of anomalies such as networks.
In this research, we propose a method to recover from anomalies in a short time for high availability distributed clusters using consistent hashing in environments applied network anomaly detection technology. It is realized by detecting abnormalities which are sign of failures in servers constructing clusters or networks, and then improving data redundancy before serious failures of servers or networks.
キーワード (和) 高可用分散クラスタ / 冗長性動的制御 / オートエンコーダ / / / / /  
(英) High Availability Distributed Cluster / Redundancy Dynamic Control / Autoencoder / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-183, pp. 91-96, 2018年3月.
資料番号 NS2017-183 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高可用分散クラスタにおけるデータ冗長性動的制御手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Data Redundancy Dynamic Control Method for High Availability Distributed Clusters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高可用分散クラスタ / High Availability Distributed Cluster  
キーワード(2)(和/英) 冗長性動的制御 / Redundancy Dynamic Control  
キーワード(3)(和/英) オートエンコーダ / Autoencoder  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 智央 / Tomohiro Ono / オノ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 清志 / Kiyoshi Ueda / ウエダ キヨシ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-183 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会