電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 10:50
高可用分散クラスタにおける保守シナリオを用いたシステム管理ソフトウェア部品の自動生成
荒川博樹上田清志日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,大規模な web アプリケーションやクラウド・コンピューティングに代表される大規模分散クラスタ
技術による計算資源の有効利用が注目されている.このような分散処理技術の主な用途は,大量のデータを扱う分散
データストア1リクエストに対し大量の計算を行う分散処理等であった.一方で,1 つの処理は小規模であってもリク
エストが多量に届きかつそれをリアルタイムに処理しなければならない通信ノードに対しても,大規模分散クラスタ
技術を適用する高可用分散クラスタの研究がされている.ノードシステムの開発では,多数の開発者がオペレーショ
ン仕様を参照して大規模なオペレーション関連機能の開発を並行して進めることから,読み取りやすい簡易な保守運
用管理情報モデルの確立及びソフトウェアの自動生成等の開発の支援技術の発展が望まれる.本稿では,高可用分散
クラスタの保守シナリオをモデル化し,モデル及び MO 定義を使用したソフトウェア部品の生成手法を提案する.ま
た,この提案方式を基にツールを作成しフィージビリティを確認する. 
(英) In recent years, effective use of computational resources by large-scale distributed cluster technologies
represented by large-scale web applications and cloud computing has attracted attention. The primary use of such a
distributed processing technology was distributed processing etc. which performs a large amount of calculation for
distributed data store a request handling a large amount of data. On the other hand, even for a small node, a high
availability distributed cluster that applies large-scale distributed cluster technology has been studied even for communication
nodes that receive requests in large quantities and must process them in real time .In the development
of the node system, since many developers refer to the operation specifications and proceed with the development
of large-scale operation related functions in parallel, establishment of a simple maintenance operation management
information model easy to read, automatic generation of software etc. It is desired that the development of assistive
technology for development of. In this paper, we model the maintenance scenario of high availability distributed
cluster and propose a method of generating software components using model and MO definition. We also create
tools based on this proposed method and confirm feasibility.
キーワード (和) 高可用分散クラスタ / 管理情報定義 / UML / / / / /  
(英) High Availability Distributed Clusters / GDMO / UML / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 459, NS2017-184, pp. 97-102, 2018年3月.
資料番号 NS2017-184 
発行日 2018-02-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高可用分散クラスタにおける保守シナリオを用いたシステム管理ソフトウェア部品の自動生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Generation of System Management Software Parts using Maintenance Scenarios in Highly Available Distributed Clusters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高可用分散クラスタ / High Availability Distributed Clusters  
キーワード(2)(和/英) 管理情報定義 / GDMO  
キーワード(3)(和/英) UML / UML  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 博樹 / Hiroki Arakawa / アラカワ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 清志 / Kiyoshi Ueda / ウエダ キヨシ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2017-184 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.459 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会