電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 11:50
[技術展示]拡張現実技術を用いた無線エリア品質表現手法
齋藤健太郎程 佳悦高田潤一東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線LAN (Local Area Network)やInternet of Things (IoT)システム等の普及に伴い,多様な業種のユーザにより様々な場面で無線ネットワークが構築され,利用されるようになってきた.無線ネットワークのサービスエリア設計では,基地局どうしの無線干渉を抑えながらトラフィック需要に応じた密度で基地局を配置していく事が重要であるが,アンテナ位置や周囲の環境等の伝搬条件に伴って変化する電波伝搬特性を予測する必要があり,必ずしも無線に詳しくないユーザの場合正確なエリア設計は困難である.本研究ではこれらのユーザに対し,拡張現実技術を用いる事で直観的な無線エリア品質の把握・エリア設計を可能とする手法を提案する.ユーザの入力した伝搬条件に基づきレイトレーシングシミュレーションを行い,各基地局のサービスエリア範囲や受信電力分布等をユーザのスマートフォン等のカメラに描写する.実際の視野と無線エリア品質を重ねて提示する事で問題の起きているエリアが直観的に把握できるようになり,サービスエリアの改善等に活かす事が期待できる. 
(英) Nowadays, wireless networks are utilized widely in many places of the society. And they will be used in more variety of scenes and by users in the future as the spreads of Wireless Local Area (WLAN) Network and Internet of Things (IoT) systems. In case of the service area planning of wireless networks, it is necessary to place base stations (BSs) densely to satisfy the user traffic demands while suppressing the unnecessary radio interferences. However, it is difficult for the users who are not familiar with the radio communication system because the radio characteristics change by the propagation condition such as the BS antenna placements and surrounding environments. In this paper, we propose the managing method of wireless network area planning instinctively by the augmented reality (AR) technology. In the proposal, the area quality is predicted by the raytracing simulation which is calculated based on the propagation condition inputted by the user. And then the service area and that quality information are displayed in the user camera view. By presenting the area quality with the physical view of user, the problems of the service area are grasped more clearly and instinctively. The system is expected to improve the service area planning.
キーワード (和) 無線サービスエリア / エリア設計 / 電波伝搬 / レイトレーシング / 拡張現実 / 電波可視化 / /  
(英) Wireless network service area / Service area planning / Radio propagation / Raytracing / Augmented reality / Radio wave visualization / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 458, SRW2017-77, pp. 49-49, 2018年2月.
資料番号 SRW2017-77 
発行日 2018-02-21 (RCS, SR, SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 拡張現実技術を用いた無線エリア品質表現手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Representation Method of Wireless Network Area Quality by Augmented Reality Technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線サービスエリア / Wireless network service area  
キーワード(2)(和/英) エリア設計 / Service area planning  
キーワード(3)(和/英) 電波伝搬 / Radio propagation  
キーワード(4)(和/英) レイトレーシング / Raytracing  
キーワード(5)(和/英) 拡張現実 / Augmented reality  
キーワード(6)(和/英) 電波可視化 / Radio wave visualization  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 健太郎 / Kentaro Saito / サイトウ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 程 佳悦 / Cheng Jiayue / テイ カイエツ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 11:50:00 
発表時間  
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-RCS2017-357,IEICE-SR2017-123,IEICE-SRW2017-77 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456(RCS), no.457(SR), no.458(SRW) 
ページ範囲 p.223(RCS), p.63(SR), p.49(SRW) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21,IEICE-SR-2018-02-21,IEICE-SRW-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会