電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 09:20
災害時のセルラーネットワークにおける不確実な観測情報に基づくトラヒックエンジニアリング
佐竹幸大・○大下裕一阪大)・石橋圭介星合擁湖NTT)・村田正幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 災害時には、安否状態の確認、災害状況、避難情報等による通信トラヒック需要が急増するとともに、通常
との異なる人流発生が発生し、セルラーネットワークの基地局からのリンクが輻輳することが考えられる。このような輻輳を回避する方法として、人流が集中したエリア配下のトラヒックの一部を、近隣基地局経由で送受信するような制御が考えられる。災害時においては、人流の移動に伴い、人・トラヒックが集中した地域は、時間とともに変化するため、このような制御を効率的に動かすためには、輻輳の発生の可能性が高い箇所を瞬時に把握し、判断を行うことが求められ、トラヒック情報を観測・収集し、経路・資源割当の判断を行う周期を短く設定する必要がある。しかしながら、このような短周期で制御に必要なネットワーク全体のトラヒック情報を収集・解析することは大きな負荷がかかる。我々は、これまで、トラヒック情報の収集・解析にかかる負荷を増大させることなく、制御周期を短くするために、各時刻においては、ネットワーク内の一部のトラヒックのみしか観測できない環境下において、トラヒックの不確実性を確率として扱い、観測情報をもとに確率分布の更新を行うことによる状況把握、トラヒック量の確率分布をもとに輻輳を回避する経路制御、経路制御への影響が大きな箇所を次時刻の観測箇所と指定する観測箇所選択を行う手法を提案してきた。本稿では、本手法をトラヒックの変化の激しい、災害直後のセルラーネットワークにおけるオフロード制御に適用し、その効果について議論を行う。 
(英) In case of disaster, traffic may increase and people move in the different way from the normal behavior, which may cause congestions on the links from some base stations. One approach to mitigating such congestions is to relay the traffic from the congested area via the other base stations. In case of disaster, the congested area may change in time. That is, we should immediately know the congested areas and calculate the routes to mitigate the congestion. Therefore, the interval to perform the route reconfiguration should be short. However, measuring traffic information accurately of the whole network is difficult to be obtained in a short interval. We have proposed a method to perform the TE even in the case that only a part of traffic information can be obtained at each time slot. In this paper, we apply our method to the route control in the cellular network in case of disaster, and demonstrate that our method mitigates the congestion.
キーワード (和) セルラーネットワーク / トラヒックエンジニアリング / ベイズ推定 / / / / /  
(英) Cellular network / Traffic engineering / Bayesian Estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 460, IN2017-94, pp. 27-32, 2018年3月.
資料番号 IN2017-94 
発行日 2018-02-22 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2018-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 災害時のセルラーネットワークにおける不確実な観測情報に基づくトラヒックエンジニアリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Traffic engineering using incomplete information for cellular networks in case of disaster 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セルラーネットワーク / Cellular network  
キーワード(2)(和/英) トラヒックエンジニアリング / Traffic engineering  
キーワード(3)(和/英) ベイズ推定 / Bayesian Estimation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐竹 幸大 / Kodai Satake / サタケ コウダイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大下 裕一 / Yuichi Ohsita / オオシタ ユウイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 圭介 / Keisuke Ishibashi / イシバシ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) NTTネットワーク基盤技術研究所 (略称: NTT)
NTT Network Technology Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 星合 擁湖 / Yoko Hoshiai / ホシアイ ヨウコ
第4著者 所属(和/英) NTTネットワーク基盤技術研究所 (略称: NTT)
NTT Network Technology Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2017-94 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会