電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 13:30
スパッタリング法による酸化亜鉛/磁性ガーネット積層構造における磁気光学応答
伊藤誉敏水戸慎一郎東京高専
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) ビスマス置換イットリウム鉄ガーネット(Bi:YIG)上へRFマグネトロンスパッタリング法を用いて酸化亜鉛(ZnO)を製膜し,熱処理温度変化による磁気光学応答および磁化特性について調べた.ZnOは製膜直後の状態でも結晶化していることが確認できた.また,熱処理温度による吸光度の変化は見られなかった.ZnO/Bi:YIG積層膜においては,ZnOの励起子波長付近で磁気光学効果の大きな変調が確認され,ZnOを積層させたことによるBi:YIGの磁化特性の変化は見られなかった.このことから,磁気光学応答が変調されたのはBi:YIGの変質によるものではなく, ZnOとBi:YIGとの相互作用によるものであると考えられる. 
(英) Zinc oxide (ZnO) was deposited on bismuth substituted iron garnet (Bi:YIG) film by RF magnetron sputtering method. ZnO/YIG bilayers were investigated on magneto-optic (MO) responses for various annealing temperature and magnetization characteristic. The ZnO single film was crystallized before annealing. Furthermore, optical absorbance of ZnO isn’t shifted by annealing temperature. MO responses of the ZnO/Bi:YIG bilayer was improved at the bandedge of the ZnO. However, magnetization characteristics of the Bi:YIG was not changed after the deposition of ZnO . Therefore, the change of the MO responses were because of the interaction between the ZnO and the Bi:YIG.
キーワード (和) 磁性ガーネット / 酸化亜鉛 / 磁気円二色性 / ファラデー効果 / / / /  
(英) magnetic garnet / zinc oxide / magnetic circular dichroism / Faraday optical absorbance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 461, CPM2017-117, pp. 7-10, 2018年3月.
資料番号 CPM2017-117 
発行日 2018-02-22 (CPM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPM  
開催期間 2018-03-01 - 2018-03-02 
開催地(和) 東京工科大学 
開催地(英) Tokyo Univ. of Technol. 
テーマ(和) 電子部品材料若手ミーティング 
テーマ(英) CPM young researcher's meeting 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPM 
会議コード 2018-03-CPM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スパッタリング法による酸化亜鉛/磁性ガーネット積層構造における磁気光学応答 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Magneto-optic response of a bilayered zinc oxcide and magnetic garnet by Sputtering Method. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 磁性ガーネット / magnetic garnet  
キーワード(2)(和/英) 酸化亜鉛 / zinc oxide  
キーワード(3)(和/英) 磁気円二色性 / magnetic circular dichroism  
キーワード(4)(和/英) ファラデー効果 / Faraday optical absorbance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 誉敏 / Yasutoshi Ito / イトウ ヤストシ
第1著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
National Institute of Technology,Tokyo Collage (略称: NITTC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水戸 慎一郎 / Shinichiro Mito / ミト シンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
National Institute of Technology,Tokyo Collage (略称: NITTC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 13:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 CPM 
資料番号 IEICE-CPM2017-117 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CPM-2018-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会