電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-01 10:30
モンテカルロ木探索を用いたモチーフ抽出法の提案と実験的評価
湯浅佑介永山 忍稲木雅人若林真一広島市大VLD2017-108
抄録 (和) 複数の文字列から類似の部分文字列を発見することをモチーフ抽出と呼び, 生物情報学におけるDNA解析をはじめとする様々な分野で用いられている. 本稿ではモンテカルロ木探索を用いたモチーフ抽出問題の解法を提案する.モンテカルロ木探索は囲碁などのゲーム木探索で注目されている探索手法であるが,最適化問題にも有効性が確認されつつある.提案手法と既存解法であるギブスサンプリングとの比較を行うことにより解の精度の観点から提案解法の有効性を示す. 
(英) Discovering a similar substring from multiple strings is called motif extraction. It is used in various fields including DNA analysis. In this paper, we propose a motif extraction method using Monte-Carlo tree search. Although Monte-Carlo tree search is a search method that has attracted much attention in games including Go, its effectiveness has been also known well in optimization problems. We evaluate the proposed method from the view point of accuracy of solutions by comparing with the existing Gibbs sampling method.
キーワード (和) モチーフ抽出問題 / モンテカルロ木探索 / ギブスサンプリング / / / / /  
(英) Motif Extraction problem / Monte-Carlo tree search / gibbs sampling / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 455, VLD2017-108, pp. 115-120, 2018年2月.
資料番号 VLD2017-108 
発行日 2018-02-21 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2017-108

研究会情報
研究会 VLD HWS  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2018-02-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モンテカルロ木探索を用いたモチーフ抽出法の提案と実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Motif Extraction Method Using Monte-Carlo Tree Search and its Experimental Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モチーフ抽出問題 / Motif Extraction problem  
キーワード(2)(和/英) モンテカルロ木探索 / Monte-Carlo tree search  
キーワード(3)(和/英) ギブスサンプリング / gibbs sampling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯浅 佑介 / Yusuke Yuasa / ユアサ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永山 忍 / Shinobu Nagayama / ナガヤマ シノブ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲木 雅人 / Masato Inagi / イナギ マサト
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 真一 / Shin'ichi Wakabayashi / ワカバヤシ シンイチ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-01 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2017-108 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会