電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 17:50
マルチキャリア音響通信用オフラインソフトウェアモデム
久保博嗣竹村真志村山陽寛森田宗一郎湯本菜々瀬森 俊樹山岸拓真立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,マルチキャリア音響通信のためのオフラインソフトウェアモデムに関して論じる.水中・陸上を問わず音響通信においては,厳しい時間選択性と周波数選択性が同時に発生する2重選択性伝搬環境への対応が必須となる.著者らは,2重選択性伝搬環境に対応するため,シングルキャリア伝送方式を並列伝送する多重シングルキャリア (MSC) 伝送方式と,伝送路予測を行う差動時空符号 (DSTC) を用いた無線伝送方式を検討してきた.本報告では,このMSC-DSTCを実現するソフトウェアモデムを,音響電子機器とオフラインのソフトウェア処理で実現する手法に関して論じる.次に,本ソフトウェアモデムにて,水中・陸上の両方にてフィールド評価を実施し,その有効性を明らかにする. 
(英) This paper discusses an off-line software modem for multi-carrier acoustic communications. Acoustic communications, e.g., underwater acoustic communications (UWAC) and land acoustic communications, suffer from severe time and frequency selective channels, i.e., doubly selective channels. For doubly selective channels, the authors have evaluated multiple single carrier (MSC) modulation scheme and differential space-time coding (DSTC) employing channel prediction, i.e., MSC-DSTC. This paper discusses an off-line software modem for MSC-DSTC employing electronic acoustic devises and off-line digital signal processing. Finally, this paper shows that this off-line software modem can evaluate performance of acoustic communications in actual field environment.
キーワード (和) 音響通信 / 水中音響通信 / 2重選択性伝搬路 / ソフトウェアモデム / マルチキャリア伝送方式 / / /  
(英) Acoustic Communications / Underwater Acoustic Communications / Doubly Selective Channels / Software MODEM / Multi-Carrier Modulation Scheme / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-344, pp. 155-160, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-344 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチキャリア音響通信用オフラインソフトウェアモデム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Off-Line Software Modem for Multi-Carrier Acoustic Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音響通信 / Acoustic Communications  
キーワード(2)(和/英) 水中音響通信 / Underwater Acoustic Communications  
キーワード(3)(和/英) 2重選択性伝搬路 / Doubly Selective Channels  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェアモデム / Software MODEM  
キーワード(5)(和/英) マルチキャリア伝送方式 / Multi-Carrier Modulation Scheme  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 真志 / Masashi Takemura / タケムラ マサシ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 陽寛 / Akinobu Murayama / ムラヤマ アキノブ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 宗一郎 / Souichiro Morita / モリタ ソウイチロウ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯本 菜々瀬 / Nanase Yumoto / ユモト ナナセ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 俊樹 / Toshiki Mori / モリ トシキ
第6著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岸 拓真 / Takuma Yamagishi / ヤマギシ タクマ
第7著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 17:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-344 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.155-160 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会