電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 10:30
Polar符号化シングルキャリア伝送における確率伝搬法を用いた適応等化の検討
木原光太郎西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年注目されているチャネル符号化の一つにPolar符号がある.Polar符号は,通信路分極を用いることにより,簡易な逐次除去復号法でシャノン限界に漸近する特性を実現できることが報告されている.本稿では周波数選択性フェージング環境において,Polar符号を用いたシングルキャリア伝送を想定し,GaBPを用いた適応等化の特性を評価した.
その結果,Polar符号とGaBPを組み合わせる場合,再符号化の精度が重要であることがわかった. 
(英) A Polar code is one of channel codes attracting attention in recent years. It is reported that the Polar code realizes the performance asymptotic to Shannon limit by channel polarization even with simple successive cancellation decoding. In this paper, we evaluate the performance of a GaBP based equalizer for Polar-coded single carrier transmission in a frequency selective fading environment. As a result, it is found that the accuracy of re-encoded bits highly affects the equalizing performance when combining Polar code and GaBP.
キーワード (和) Polar符号 / 確率伝搬法 / 適応等化 / / / / /  
(英) Polar codes / Belief Propagation / Channel Equalization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-321, pp. 25-29, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-321 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Polar符号化シングルキャリア伝送における確率伝搬法を用いた適応等化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Channel Equalization with Belief Propagation in Polar-Coded Single Carrier Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Polar符号 / Polar codes  
キーワード(2)(和/英) 確率伝搬法 / Belief Propagation  
キーワード(3)(和/英) 適応等化 / Channel Equalization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木原 光太郎 / Kotaro Kihara / キハラ コウタロウ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 寿彦 / Toshihiko Nishimura / ニシムラ トシヒコ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大鐘 武雄 / Takeo Ohgane / オオガネ タケオ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 恭孝 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-321 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会