電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 15:20
5G超高密度分散アンテナシステムにおける大容量化技術のアルゴリズム検討 ~ チャネル推定タイミングからの低遅延スロットへの移動UE優先スケジュール ~
瀬山崇志熊谷慎也大山哲平実川大介伊達木 隆富士通)・松山幸二富士通研)・関 宏之箕輪守彦富士通
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5G)では,TP(Transmission Point)を高密度に配置することによりシステム容量(単位: bps/Hz/km^2)を大幅に増大する技術が必要とされている.我々は,5G向けの大容量化技術として,超高密度分散アンテナシステムによる協調MU(Multi-User)-MIMO技術の検討を進めている.ZF (Zero Forcing)等のUE間の直交化を行うMU-MIMOでは,チャネル推定タイミングとデータ送信タイミングの間のUEの移動に伴うチャネル変動によりUE間の直交関係が崩れ,スループット性能が劣化する.本稿では,直近のチャネル推定値2サンプル間のチャネル変動量から推定したSINRをPF(Proportional Fairness)スケジューラに入力することにより,高速移動UEをチャネル推定タイミングからの遅延が小さいスロットに優先的にスケジューリングする方式を提案する.計算機シミュレーションにより,提案方式が高速移動UEの平均スループットを改善できることを示す. 
(英) In fifth generation mobile communication systems, enhancement of spectral efficiency per unit area by increasing the density of transmission points per unit area is required. We have been studying large scale coordinated multi-user MIMO to enhance system capacity for 5G technology. Channel mismatch between channel estimation timing and data transmission timing due to channel variation drastically degrades throughput performance in ZF (Zero Forcing) MU-MIMO. In this paper, we propose a novel method that preferentially schedule high speed UEs experiencing severe channel variation in small-delay slots from channel estimation timing. This scheduling is realized by inputting the predicted SINR, which is estimated from channel variation between most two recent channel estimates, to PF (Proportional Fairness) scheduler. Computer simulations show that the proposed method improve mean UE throughput of high speed UEs.
キーワード (和) 5G / 超高密度分散アンテナシステム / 協調Multi-User MIMO / チャネル変動 / PFスケジューリング / / /  
(英) 5G / Ultra high-density distributed antenna system / Coordinated Multi-User MIMO / Channel variation / PF scheduling / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-337, pp. 113-118, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-337 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 5G超高密度分散アンテナシステムにおける大容量化技術のアルゴリズム検討 
サブタイトル(和) チャネル推定タイミングからの低遅延スロットへの移動UE優先スケジュール 
タイトル(英) Algorithm Study of High-Capacity Technologies for 5G Ultra High-Density Distributed Antenna Systems 
サブタイトル(英) UE Scheduling Prioritizing High-Speed UEs in Small-Delay Slots from Channel Estimation Timing 
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 超高密度分散アンテナシステム / Ultra high-density distributed antenna system  
キーワード(3)(和/英) 協調Multi-User MIMO / Coordinated Multi-User MIMO  
キーワード(4)(和/英) チャネル変動 / Channel variation  
キーワード(5)(和/英) PFスケジューリング / PF scheduling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬山 崇志 / Takashi Seyama / セヤマ タカシ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 慎也 / Shinya Kumagai / クマガイ シンヤ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 哲平 / Teppei Oyama / オオヤマ テッペイ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 実川 大介 / Daisuke Jitsukawa / ジツカワ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊達木 隆 / Takashi Dateki / ダテキ タカシ
第5著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松山 幸二 / Koji Matsuyama / マツヤマ コウジ
第6著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: FUJITSU LABORATORIES)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 宏之 / Hiroyuki Seki / セキ ヒロユキ
第7著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 箕輪 守彦 / Morihiko Minowa / ミノワ モリヒコ
第8著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
FUJITSU LIMITED (略称: FUJITSU)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-337 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会