電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 10:35
複数の中継局を用いたWireless Poweredリレー伝送の特性評価
熊澤隼斗佐々木重信新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では、RFエネルギーハーベスティング(RF-EH)機能を備えた中継端末を複数用いるWireless Poweredリレー伝送システムについて検討する。RF-EHは周辺の電波からエネルギーを獲得する手法である。リレー伝送にはDetect and Forward方式(DetF方式)を採用し、中継局におけるバッテリー残量によりリレー伝送を行う中継局を切替えるシステムを考える。フラットレイリーフェージング環境を想定し、データ伝送やEHにおける電力消費を考慮に入れた上で中継局がEHを行う時間に対するOutage確率を計算機シミュレーションにより評価した。その結果、中継局を増やすことにより一定のOutage確率を得るのに必要なEH時間を少なくできるが、中継局数の増加に伴う特性改善に限界があることがわかった。 
(英) This paper investigates wireless powered relay transmission system with multiple relay terminal having radio frequency energy harvesting (RF-EH) capability. RF-EH is a method to capture the energy from the surrounding radio waves to be used as a power resource. Detect-and-forward (DetF) transmission is considered as a relay transmission model. Each relay terminal is controlled by receiving station (base station) and they relay signal from transmitting terminal while switching RF-EH and data communication by comparison of remaining power of battery. Outage probability in relay transmission over flat Rayleigh fading is evaluated with consideration of power consumption during data transmission and RF-EH. Simulation results demonstrate that necessary EH duration to accomplish a certain outage probability is reduced by using multiple relay station while its effect is gradually compromised according to the number of relay terminals.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / リレー伝送 / RF-エネルギーハーベスティング / Wireless Powered伝送 / / / /  
(英) Wireless Sensor Network / relay transmission / RF-energy harvesting / wireless powered communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 458, SRW2017-69, pp. 19-24, 2018年2月.
資料番号 SRW2017-69 
発行日 2018-02-21 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数の中継局を用いたWireless Poweredリレー伝送の特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Wireless Powered Relay Transmission Systems Using Multiple Relay Terminals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) リレー伝送 / relay transmission  
キーワード(3)(和/英) RF-エネルギーハーベスティング / RF-energy harvesting  
キーワード(4)(和/英) Wireless Powered伝送 / wireless powered communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊澤 隼斗 / Hayato Kumazawa / クマザワ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 重信 / Shigenobu Sasaki / ササキ シゲノブ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2017-69 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会