電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 09:20
空間係数に基づくアンテナ選択型アダプティブアレーアンテナの研究
坂本 匠梅林健太東京農工大)・Antti TolliUoO
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) アダプティブアレーアンテナを用いて干渉抑圧を行う場合,抑圧可能な干渉波数はアンテナ素子数によって決定される.一方でアレーアンテナの無線通信システムは原理的にRF(Radio Frequency) 回路がアンテナ素子数分必要となるため,単一アンテナの無線システムに比べると高コストとなってしまう.これを解決するためにアンテナ選択が検討されている.中でも所望波,干渉波間の空間相関を利用したアンテナ選択法について着目した.この選択法を利用したアンテナ選択法として全アンテナから空間相関が大きいアンテナを消去していくことで使用するアンテナを選択する方法であるCorrelation Measurement (CM) 法が提案されている.しかし,この選択法では繰り返し計算する必要があり,計算コストが増大してしまう.そこで到来波の角度情報からアンテナ組み合わせを一意的に決定する方法を提案し,提案手法がCM 法に対し計算コストを削減することを示した. 
(英) Suppressing interference using an adaptive array antenna, the number of antenna elements determines the number of interference waves. However, the wireless communication system using an array antenna has higher cost than using a single antenna because in principle one radio frequency (RF) circuit per antenna is required. Antenna selection can reduce the cost maintaining the performance. We focus on an antenna selection using the spatial correlation between desired and interference wave. A Correlation Measurement (CM) method is proposed. But, CM method has high computational cost because this method has the iteration process. In this paper, we
propose a method to select the optimum combination of antenna from a table of all combination based on the spatial correlation between desired and interference wave. In addition, we show that the computational cost when using proposed method is lower than the cost when using CM method.
キーワード (和) アダプティブアレーアンテナ / アンテナ選択 / 空間相関 / ルックアップテーブル / / / /  
(英) Adaptive Array Antenna / Antenna Selection / Spatial Correlation / Lookup Table / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-326, pp. 51-56, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-326 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間係数に基づくアンテナ選択型アダプティブアレーアンテナの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spatial Correlation-based Antenna Selection for Adaptive Array Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アダプティブアレーアンテナ / Adaptive Array Antenna  
キーワード(2)(和/英) アンテナ選択 / Antenna Selection  
キーワード(3)(和/英) 空間相関 / Spatial Correlation  
キーワード(4)(和/英) ルックアップテーブル / Lookup Table  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 匠 / Takumi Sakamoto / サカモト タクミ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Antti Tolli / Antti Tolli /
第3著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: UoO)
University of Oulu (略称: UoO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-326 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会