電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 10:30
通信路測定を用いた上りリンクMIMO-FSK最尤受信方式の検討
吉田和輝岩波保則名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) FSK(Frequency Shift Keying)信号は,定包絡線を有し,電力効率の高い非線形増幅器の使用が可能であり,センサーネットワーク等の上り回線で使用される端末の無線機器の通信方式として有用と考えられる.周波数利用効率を上げるためには,空間多重のMIMO化が必要であるが,データ伝送速度が速くなるにつれ通信路が周波数選択性となる.このような周波数選択性MIMO通信路におけるFSKの受信方式としては,基地局側でのチャネル測定に基づいたMLD(Maximum Likelihood Detection)信号分離・等化方式の適用がBER特性を改善でき有効と考えられる.本稿では,Zadoff-Chu系列を用いたFSKやGFSK(Gaussian filtered FSK)の伝送帯域幅におけるチャネル測定と,得られたチャネル測定結果を用いて受信レプリカを用意する最尤判定方式の検討を行った.本FSK及びGFSK受信方式はLPWA(Low Power Wide Area)などのMTC(Machine Type Communication)の上り回線通信方式としての応用が考えられる. 
(英) FSK signal has a constant envelope and is suited to the non-linear amplification with high power efficiency. This feature may be applicable to the uplink wireless transmission of sensor network equipment operating with low battery power. In order to raise the frequency utilization efficiency, MIMO spatial multiplexing on uplink is needed. As the transmission rate increases, the channel becomes frequency selective. On such a MIMO frequency selective channel, signal separation and equalization of FSK signal using coherent MLD (Maximum Likelihood Detection) with channel estimation at the base station is a promising candidate. In this paper, we study the channel estimation scheme within transmission bandwidth of FSK or GFSK and with Zadoff-Chu sequence. By employing the obtained equivalent channel impulse response, we generate the receive replica signals and make the MLD detection. The proposed MIMO-FSK or GFSK receiver may be useful to the MTC (Machine Type Communication) in LPWA (Low Power Wide Area) uplink applications.
キーワード (和) MIMO / FSK / GFSK / 周波数選択性通信路 / 通信路測定 / 最尤判定法(MLD) / LPWA / MTC  
(英) MIMO / FSK / GFSK / Frequency selective channel / Channel estimation / Maximum Likelihood Detection (MLD) / LPWA / MTC  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-329, pp. 69-74, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-329 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信路測定を用いた上りリンクMIMO-FSK最尤受信方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on maximum likelihood detection of uplink MIMO-FSK with channel estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(2)(和/英) FSK / FSK  
キーワード(3)(和/英) GFSK / GFSK  
キーワード(4)(和/英) 周波数選択性通信路 / Frequency selective channel  
キーワード(5)(和/英) 通信路測定 / Channel estimation  
キーワード(6)(和/英) 最尤判定法(MLD) / Maximum Likelihood Detection (MLD)  
キーワード(7)(和/英) LPWA / LPWA  
キーワード(8)(和/英) MTC / MTC  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 和輝 / Kazuki Yoshida / ヨシダ カズキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: N.I.T.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩波 保則 / Yasunori Iwanami / イワナミ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: N.I.T.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-329 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会