電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 10:00
分散MIMO協調伝送への適応STBC-TDの適用に関する一検討
齋藤智之アムナート ブンカジャイ安達文幸東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) シングルユーザ時空間ブロック符号化送信ダイバーシチ(STBC-TD)では,データ伝送前にパイロット信号を送信してチャネル推定を行って,上りリンク伝送では最小自乗誤差合成ダイバーシチ(MMSECD)重みを,下りリンク伝送では最大比送信ダイバーシチ(MRTD)重みを生成する.しかし,高速移動環境下ではデータ伝送中にチャネルが変動してしまうから伝送特性が劣化する.この伝送特性劣化を救済するには,データ伝送途中で重み係数を更新する必要がある.そこで本稿では,判定帰還チャネル推定を用いる適応STBC-TDを提案している.SC上りリンク伝送ではMMSECDの重み係数の更新を行い,OFDM下りリンク伝送では等価チャネル受信フィルタの導入とZF重みの適応更新を行いチャネル変動に追従させる. 
(英) Space-time block coded transmit diversity (STBC-TD) uses the minimum mean square error combining diversity (MMSECD) for single-carrier (SC) uplink and the maximal ratio transmit diversity (MRTD) for OFDM downlink. The MMSECD weight and the MRTD weight are generated before transmission. This is done by using pilot based channel estimation using the uplink and downlink pilots which are transmitted before data. However, in a high mobility environment, the bit-err rate (BER) performance degrades because the channel changes after pilot transmission. In order to mitigate the performance degradation, in this paper, we propose an adaptive STBC-TD with decision feedback channel estimation. Using decision feedback channel estimation, the adaptive STBC-TD updates the MMSECD weight for SC uplink transmission while it introduces the receive filter for OFDM downlink transmission so as to keep the equivalent channel close to the equivalent channel computed upon receiving the downlink pilot. We evaluate, by computer simulation, the uncoded BER performance with adaptive STBC-TD. It is shown that the proposed adaptive STBC-TD increases the allowable maximum Doppler frequency fDT for keeping BER<10-2 about 4.3 times and 2.2 times for SC uplink transmission and OFDM downlink transmission, respectively.
キーワード (和) STBC / チャネル推定 / 判定帰還チャネル推定 / SC / OFDM / / /  
(英) STBC / Channel estimation / Decision feedback / SC / OFDM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-320, pp. 19-24, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-320 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 分散MIMO協調伝送への適応STBC-TDの適用に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Adaptive STBC-TD for Distributed MIMO Cooperative Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) STBC / STBC  
キーワード(2)(和/英) チャネル推定 / Channel estimation  
キーワード(3)(和/英) 判定帰還チャネル推定 / Decision feedback  
キーワード(4)(和/英) SC / SC  
キーワード(5)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 智之 / Tomoyuki Saito / サイトウ トモユキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) アムナート ブンカジャイ / Amnart Boonkajay / アムナート ブンカジャイ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-320 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会