電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 10:50
高速時変伝送路のための伝送路予測形差動時空符号の比較
久保博嗣森 俊樹村山陽寛山岸拓真湯本菜々瀬立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,高速時変伝送路に有効な伝送路予測を用いた差動時空符号 (DSTC) の得失に関して論じる.伝送路特性とデータ推定を同時に行うjoint detection (JD) を実現できる無線伝送方式として,DSTCが有効であることが知られている.しかし,DSTCには種々の方式が存在し,これら相互の比較検討は比較的少ないようである.本報告では,まず,高速時変伝送路に対して,JDが有効であることを明らかにする.次に,伝送路予測を用いたDSTCに関して,差動符号 (DE),差動時空ブロック符号 (DSTBC) と差動時空トレリス符号 (DSTTC) に関して論じる.ここで,復調方式としては,per-survivor processing (PSP) と判定帰還検出について論じる.最後に,これらDSTCに関して,計算機シミュレーションによる特性比較を行う. 
(英) This paper compares differential space-time coding (DSTC) schemes employing channel prediction for fast time-varying channels. It is well-known that DSTC schemes are one of joint detection (JD) schemes, which perform channel estimation and data detection simultaneously. However, there exist a few reports with respect to comparison on these DSTC schemes. At first, this paper shows that JD is a good transmission technology for fast time-varying channels. Next, this paper compares DSTC schemes with channel prediction, e.g., differential encoding (DE), differential space-time block coding (DSTBC) and differential space-time trellis coding (DSTTC), where demodulation schemes are per-survivor processing and decision-feedback detection. Finally, this paper compares computer simulation results and computational complexity of these DSTC schemes.
キーワード (和) 差動時空符号 / 伝送路予測 / 高速時変フェージング / PSP / 判定帰還検出 / MIMO / /  
(英) Differential Space-Time Coding / Channel Prediction / Fast Time-Varying Fading / Per-Survivor Processing / Decision-Feedback Detection / Multiple-Input Multiple-Output / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-330, pp. 75-80, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-330 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速時変伝送路のための伝送路予測形差動時空符号の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparisons on Differential Space-Time Coding Schemes with Channel Prediction for Fast Time-Varying Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 差動時空符号 / Differential Space-Time Coding  
キーワード(2)(和/英) 伝送路予測 / Channel Prediction  
キーワード(3)(和/英) 高速時変フェージング / Fast Time-Varying Fading  
キーワード(4)(和/英) PSP / Per-Survivor Processing  
キーワード(5)(和/英) 判定帰還検出 / Decision-Feedback Detection  
キーワード(6)(和/英) MIMO / Multiple-Input Multiple-Output  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 俊樹 / Toshiki Mori / モリ トシキ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 陽寛 / Akinobu Murayama / ムラヤマ アキノブ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岸 拓真 / Takuma Yamagashi / ヤマギシ タクマ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯本 菜々瀬 / Nanase Yumoto / ユモト ナナセ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-330 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.75-80 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会