電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 16:40
免許不要帯域を利用する列車制御通信の要件
西田賢史東工大/京三製作所)・高田潤一東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 海外ではCBTC(Communications Based Train Control)と呼ばれる鉄道の列車制御システムの導入が進んでいる.列車制御には列車と地上設備との間の通信手段が必要で,CBTC はそれに無線を利用している.2.4 GHz帯の無線LAN は,国毎に規制に違いはあるものの利用出来る地域が広く,CBTC でよく使われる.但し,この周波数帯は広く使われており妨害が問題になる.そこで,列車制御通信に免許不要帯域を利用するとき,妨害を回避可能な場合と,不可避な場合を整理し要件を示す. 
(英) Installation of the train control system called communications-based train control (CBTC) is progressing on overseas railways. Train control requires a means of communication between trains and ground equipment. CBTC uses radio communication, in particular, 2.4 GHz wireless LAN, which can be used in many countries without any license. However, this frequency band is very crowded, and interference can become a problem. The conditions for using unlicensed wireless bands for train control communication, therefore, are investigated. This paper considers cases where interference is avoidable and impossible.
キーワード (和) CBTC / 免許不要波 / 列車制御通信 / 妨害 / / / /  
(英) CBTC / Un-lisenced band / Communication for train control / Interference / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 457, SR2017-117, pp. 35-40, 2018年2月.
資料番号 SR2017-117 
発行日 2018-02-21 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 免許不要帯域を利用する列車制御通信の要件 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Requirement of Train Control Communication Using Un-licensed Wireless Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CBTC / CBTC  
キーワード(2)(和/英) 免許不要波 / Un-lisenced band  
キーワード(3)(和/英) 列車制御通信 / Communication for train control  
キーワード(4)(和/英) 妨害 / Interference  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 賢史 / Satoshi Nishida / ニシダ サトシ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学/京三製作所 (略称: 東工大/京三製作所)
Tokyo Institute of Technology/Kyosan Electric Manufacturing Co., Ltd. (略称: Tokyo Tech/Kyosan)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2017-117 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会