電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 11:10
高速時変伝送路に有効な2重判定帰還多重遅延検波を用いた2重差動符号化
森 俊樹久保博嗣立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,高速時変伝送路に有効な伝送路予測形判定帰還多重遅延検波 (DFMDD) を用いた 2重差動符号化 (DDE) のための復調方式を提案する.DDEは,変調多値数の増加による追随性の劣化が少ないという利点を持つ.本報告では,耐伝送路変動特性と周波数利用効率の向上を目的として, DDEに対して,平均形DFMDDと予測形DFMDDを用いた2重判定帰還多重遅延検波 (DDFMDD) を提案する.最後に,計算機シミュレーションにより,高い周波数利用効率において,提案する復調方式が高速時変伝送路に対して有効であることを確認する. 
(英) This paper proposes a demodulation scheme employing decision-feedback multiple differential detection (DFMDD) for double differential encoding (DDE), which can track fast time-varying channels. DDE can improve tracking capability for a large modulation index. In order to improve frequency efficiency and tracking capability, this paper proposes DDFMDD employing DFMDD with channel averaging and that with channel prediction for DDE. Finally, computer simulation results confirm that the proposed scheme has excellent bit error rate (BER) performance on fast Rayleigh fading channels for a large modulation index.
キーワード (和) 2重差動符号化 / 水中音響通信 / 大容量通信 / 高速時変フェージング / 伝送路予測 / / /  
(英) Double Differential Encoding / Underwater Acoustic Communication / High Capacity Communication / Fast Time-Varying Fading / Channel Prediction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-331, pp. 81-86, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-331 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速時変伝送路に有効な2重判定帰還多重遅延検波を用いた2重差動符号化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Double Differential Encoding Employing Double Decision-Feedback Multiple Deferential Detection for Fast Time-Varying Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 2重差動符号化 / Double Differential Encoding  
キーワード(2)(和/英) 水中音響通信 / Underwater Acoustic Communication  
キーワード(3)(和/英) 大容量通信 / High Capacity Communication  
キーワード(4)(和/英) 高速時変フェージング / Fast Time-Varying Fading  
キーワード(5)(和/英) 伝送路予測 / Channel Prediction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 俊樹 / Toshiki Mori / モリ トシキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-331 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会