お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 09:30
FPGA実装によるRBF近似関数の高速計算について
増田祥吾永山 忍稲木雅人若林真一広島市大VLD2017-89
抄録 (和) 放射基底関数(RBF:Radial Basis Function) は機械学習やデータマイニング,機械制御などの様々な分野で離散データの関数フィッティング(近似) に用いられており,得られた近似関数の高速な計算が求められている.そこで本研究では,FPGA 実装によって高速に計算する手法を提案する.RBF 近似関数の計算をFPGA で効率良く実装するため,2 つの手法(ニュートン法による平方根演算,メモリベース設計手法) を提案する.ソフトウェア実装との比較により,提案ハードウェア実装の有効性について考察する. 
(英) Radial basis functions (RBFs) are used for function fitting (approximation) of discrete data in various fields such as machine learning, data mining, machine control and so on, and fast calculation of the obtained approximate function is required. Therefore, in this study, we propose a fast calculation method by FPGA implementation. To implement computation of RBF approximate functions on an FPGA efficiently, this paper presents two techniques: square root calculation by Newton’s method and memory based design method. The effectiveness of the proposed hardware implementation was discussed by comparing it with its software implementation.
キーワード (和) RBF近似関数 / FPGA / ニュートン法 / メモリベース設計 / / / /  
(英) RBF approximate functions / FPGA / Newton's method / Memory based design / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 455, VLD2017-89, pp. 1-6, 2018年2月.
資料番号 VLD2017-89 
発行日 2018-02-21 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2017-89

研究会情報
研究会 VLD HWS  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2018-02-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGA実装によるRBF近似関数の高速計算について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Fast Computation of RBF Approximate Function by FPGA Implementation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) RBF近似関数 / RBF approximate functions  
キーワード(2)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(3)(和/英) ニュートン法 / Newton's method  
キーワード(4)(和/英) メモリベース設計 / Memory based design  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 祥吾 / Shogo Masuda / マスダ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永山 忍 / Shinobu Nagayama / ナガヤマ シノブ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲木 雅人 / Masato Inagi / イナギ マサト
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 真一 / Shin'ichi Wakabayashi / ワカバヤシ シンイチ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2017-89 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会