電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 09:00
線形プリコーディングを用いたマルチユーザMIMO下り回線分散アンテナシステムの検討
島川展明岩波保則名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,複数ユーザ端末と空間多重MIMO通信が可能なマルチユーザMIMO(MU-MIMO)技術が盛んに検討されている.下り回線のMU-MIMO通信では,送受信機間の通信路情報(CSI: Channel State Information)を送信機と受信機で共有し,ユーザ間干渉(IUI: Inter User Interference)が予め基地局(BS: Base Station)側で取り除かれ,ユーザ端末ではIUIの影響無く受信できる.基地局の送信アンテナ数を増やすことによって,下り回線の通信路品質を任意に向上させることができる.MU-MIMO方式には,線形方式と非線形方式があるが,線形方式の方が設計や構成がより容易と考えられる.本稿では,BD(Block Diagonalization)+ 固有モード(Eigen mode)伝送を用いる線形プリコーディングMU-MIMO方式において,ユーザ毎のブロック行列のサイズが (ユーザ受信アンテナ数)×(他ユーザ行列のnullity(退化次数))になることを考慮したBD + 固有モード伝送MU-MIMO下り回線方式を考える.この方式を,基地局とRoF(Radio over Fiber)を用いて繋いだ複数のRRH(Remote Radio Head)を利用する分散アンテナシステム(DAS: Distributed Antenna System)に適用し,通信品質の改善効果を示す.そして,分散送信アンテナ配置のユーザ通信品質が,集中送信アンテナ配置のユーザ通信品質より優れていることを示す. 
(英) Recently, Muti-User MIMO (MU-MIMO) downlink system which uses multiple antennas at Base Station (BS) and accommodates multiple User Equipments (UE’s) with multiple receive antennas attracts much attention. It can achieve a high channel capacity although it requires the channel state information both at BS and each UE. There exist linear and non-linear MU-MIMO downlink schemes, but the linear scheme is considered more easily to be implemented and adjusted. Linear Block Diagonalization (BD) has been proposed in order to cancel the Inter-User Interference (IUI) completely and combined with the Eigenbeam-Space Division Multiplexing (E-SDM). In this paper, by noting that the block size of each UE channel matrix in BD becomes (number of receive antennas of each UE) × (nullity of the matrix constituted by other UE’s), we design the BD + E-SDM scheme for distributed antenna system assuming that multiple RRH’s (Remote Radio Heads) are connected to BS using RoF (Radio over Fiber). We compared the distributed deployment of transmit antennas with the centralized deployment and show the superiority of MU-MIMO downlink system with distributed transmit antennas.
キーワード (和) マルチユーザMIMO / ブロック対角化 / 固有モード伝送 / 分散アンテナ / RRH / RoF / Massive MIMO /  
(英) MU-MIMO / Block Diagonalization / E-SDM / Distributed Antennas / RRH / RoF / Massive MIMO /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-317, pp. 1-6, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-317 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 線形プリコーディングを用いたマルチユーザMIMO下り回線分散アンテナシステムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Distributed Antenna Downlink System using Linearly Precoded MU-MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチユーザMIMO / MU-MIMO  
キーワード(2)(和/英) ブロック対角化 / Block Diagonalization  
キーワード(3)(和/英) 固有モード伝送 / E-SDM  
キーワード(4)(和/英) 分散アンテナ / Distributed Antennas  
キーワード(5)(和/英) RRH / RRH  
キーワード(6)(和/英) RoF / RoF  
キーワード(7)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 島川 展明 / Nobuaki Shimakawa / シマカワ ノブアキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: N.I.T.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩波 保則 / Yasunori Iwanami / イワナミ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: N.I.T.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-317 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会