電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 13:20
[チュートリアル講演]A Tutorial on Lossy Forwarding Relaying
Shen QianJAIST)・Jiguang HeUOulu)・Meng ChengJAIST)・Markku JunttiUOulu)・Tad MatsumotoJAIST/UOulu
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Lossy decode-and-forward (DF) relaying, also known as lossy forwarding (LF), has attracted much attention since it can significantly enhance the transmission reliability and expand the communication coverage at a small increase on computational effort compared to its DF counterpart. Meanwhile, it can further simplify the operations at the relay node by removing the error-detecting operation, e.g., cyclic redundancy check, which is usually encompassed in the conventional DF. Due to these advantages, LF has been intensively investigated with the aim of its applications to various cooperative communication networks having different topologies. This paper offers a comprehensive tutorial on the LF relaying strategy and makes comparisons between LF and DF. As expected, the performance enhancement of LF over DF has been demonstrated in the exemplifying scenario. LF has great potential to be applied in future 5G wireless communication networks, e.g., device- to-device, vehicle-to-vehicle, and machine-to-machine communications.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Decode-and-forward / Distributed Source Coding / Joint Decoding / Lossy Forwarding / Lossy Source-Channel Separation Theorem / Slepian-Wolf Theorem / Source Coding with a Helper Theorem /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-333, pp. 93-98, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-333 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Tutorial on Lossy Forwarding Relaying 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Decode-and-forward  
キーワード(2)(和/英) / Distributed Source Coding  
キーワード(3)(和/英) / Joint Decoding  
キーワード(4)(和/英) / Lossy Forwarding  
キーワード(5)(和/英) / Lossy Source-Channel Separation Theorem  
キーワード(6)(和/英) / Slepian-Wolf Theorem  
キーワード(7)(和/英) / Source Coding with a Helper Theorem  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 騫 申 / Shen Qian / ケン シン
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 何 継光 / Jiguang He /
第2著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: オウル大)
University of Oulu (略称: UOulu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 程 猛 / Meng Cheng /
第3著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Markku Juntti / Markku Juntti /
第4著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: オウル大)
University of Oulu (略称: UOulu)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 正 / Tad Matsumoto /
第5著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学/オウル大学 (略称: 北陸先端大/オウル大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology/University of Oulu (略称: JAIST/UOulu)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 13:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-333 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会