電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 09:55
ランダムフォレストに基づく書き換え可能なネットワーク侵入検知ハードウェアのメモリ量削減について
薛 斌斌永山 忍稲木雅人若林真一広島市大VLD2017-90
抄録 (和) 先行研究で我々は,ランダムフォレストベースNIDSの書換え可能な専用ハードウェアを提案した.本稿では,コンパクトなハードウェアでの実装を目的として,間接参照方式によるメモリ量の削減手法を提案する.提案手法は,ランダムフォレスト内の決定木をEVBDD (Edge-Valued Binary Decision Diagram) でコンパクトに表現することによってメモリ量を削減する発見的手法である.提案手法により決定グラフのサイズを大幅に削減でき,ハードウェアのメモリ量もそれに伴い削減可能であることを示す. 
(英) In our previous research, we proposed dedicated programmable hardware of random forest based NIDSs. In this research, we propose an indirect reference method to reduce the amount of memory. The proposed method is a heuristic method to represent decision trees in random forest using EVBDDs compactly. It is shown that the size of the decision diagrams can be drastically reduced by the proposed method, and thus, the amount of memory of the hardware can be reduced significantly.
キーワード (和) ランダムフォレスト / 書き換え可能 / ネットワーク侵入検知 / / / / /  
(英) Random Forests / Programmable / Network Intrusion Detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 455, VLD2017-90, pp. 7-12, 2018年2月.
資料番号 VLD2017-90 
発行日 2018-02-21 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2017-90

研究会情報
研究会 VLD HWS  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2018-02-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランダムフォレストに基づく書き換え可能なネットワーク侵入検知ハードウェアのメモリ量削減について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Memory Size Reduction of Programmable Hardware for Random Forest based Network Intrusion Detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ランダムフォレスト / Random Forests  
キーワード(2)(和/英) 書き換え可能 / Programmable  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク侵入検知 / Network Intrusion Detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 薛 斌斌 / Binbin Xue / セツ ヒンヒン
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 永山 忍 / Shinobu Nagayama / ナガヤマ シノブ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲木 雅人 / Masato Inagi / イナギ マサト
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 真一 / Shin'ichi Wakabayashi / ワカバヤシ シンイチ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2017-90 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会