電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 16:50
電波伝搬的視点からのディジタル伝送特性解析
唐沢好男
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは、マルチパス環境での情報伝送限界を探ることを目的とし、時間・周波数領域での二重選択性フェージング環境における情報伝送能力を数値で与えるものとしての通信路容量の解析を行ってきた。その中で、伝搬環境を特徴付けるスプレッドファクタ(遅延スプレッドとドップラースプレッドの積)がキーパラメータとして、通信路容量に深く関わっていることを明らかにした。本稿では、これらのことを背景として、二重選択性フェージング環境でのBERのフロア値に着目し、このフロア値を最小化する信号設計法とそのときのフロア値を示す。 
(英) In order to investigate the physical limit of digital transmission in multipath environments, in our previous reports, we focused on this theme and analyzed the channel capacity as a numerical indicator of its information transmission capability. Among them, we understood that the spread factor is deeply involved in the limit of wireless transmission (channel capacity) as a key parameter. In this report, we focus on the floor value of BER in doubly-selective fading environments, and show the signal design method to minimize this floor value and the floor value at that time.
キーワード (和) 二重選択性フェージング / スプレッドファクタ / 等価伝送路モデル / BERフロア / / / /  
(英) Doubly-selective fading / Spread factor / Equivalent transmission-path model / BER floor / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 456, RCS2017-341, pp. 137-142, 2018年2月.
資料番号 RCS2017-341 
発行日 2018-02-21 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電波伝搬的視点からのディジタル伝送特性解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Digital Transmission Analysis from Propagation Viewpoint 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 二重選択性フェージング / Doubly-selective fading  
キーワード(2)(和/英) スプレッドファクタ / Spread factor  
キーワード(3)(和/英) 等価伝送路モデル / Equivalent transmission-path model  
キーワード(4)(和/英) BERフロア / BER floor  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐沢 好男 / Yoshio Karasawa / カラサワ ヨシオ
第1著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 16:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2017-341 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.137-142 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会