電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 11:25
ウェアラブル二次元通信シートとNFC対応ホスト端末を用いたBatteryless Body Sensor Networks
増田祐一東大)・野田聡人南山大)・篠田裕之東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究は,スマートフォンから発せられるNear-Field-Communication (NFC) 電波から得た発電エネルギーを,二次元的な広がりを持つ有線伝送路に接続されたセンサ端末へ供給する電池不要のBody Sensor Networks (BSNs)を提案する.センサ端末とホスト端末はピン・ソケット型コネクタを用いて個別配線無しに有線接続される.センサ端末毎に電池を用意する必要がない一方で,有線伝送路を介してそれらに電力を供給するホスト端末は依然として電池を必要とする.NFC電波によるEnergy Harvestingによって電池不要のホスト端末を試作した.実験結果は,このホスト端末を用いて実用的な電池不要のBSNsが実現可能である事を示している. 
(英) This paper proposes a battery-less body sensor networks (BSNs) scheme which supply a power scavenged the NFC radio of smartphone to the sensor nodes distributed on a special cloth embroidered with conductive threads. The sensor nodes and host device are connected by using a special connector consisting of a pin and a socket without one-to-one wiring. While the conductive embodied cloth can eliminate the battery of sensor node, host device still needs the battery for the sensor nodes. Batteryless BSNs system uses the NFC radio as the power source. The experimental results demonstrate the feasibility of the batteryless BSNs system in those case.
キーワード (和) 近距離無線通信 / Body Sensor Networks / ウェアラブル二次元通信 / / / / /  
(英) near-field-communication / Body Sensor Networks / wearable two-dimensional-communication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 458, SRW2017-70, pp. 25-29, 2018年2月.
資料番号 SRW2017-70 
発行日 2018-02-21 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウェアラブル二次元通信シートとNFC対応ホスト端末を用いたBatteryless Body Sensor Networks 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Batteryless Body Sensor Networks by Using a NFC-enabled Host Device and a Wearable 2D-communication Sheet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近距離無線通信 / near-field-communication  
キーワード(2)(和/英) Body Sensor Networks / Body Sensor Networks  
キーワード(3)(和/英) ウェアラブル二次元通信 / wearable two-dimensional-communication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 祐一 / Yuichi Masuda / マスダ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 聡人 / Akihito Noda / ノダ アキヒト
第2著者 所属(和/英) 南山大学 (略称: 南山大)
Nanzan University (略称: NU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 裕之 / Hiroyuki Shinoda / シノダ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2017-70 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SRW-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会