電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 09:35
オーバーラップFFTフィルタバンクを用いたWindowed-DFTs-OFDM方式の特性評価
岡野貴大王 瀟岩梅比良正弘茨城大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 5Gモバイル通信では様々な「モノ」をインターネットに接続するIoT(Internet of Things)が重要なアプリケーションとされている。IoTシステムの実現において、極めて多数の端末を接続するだけでなく、多様な速度の端末が非同期送信の場合でも良好な伝送特性を有することが望ましく、隣接チャネル漏洩電力の低減のためにFBMC(Filter Bank Multi Carrier)やUFMC(Universal Filtered Multi Carrier)等が提案されている。本文では、PAPR(Peak to Average Power Ratio)が小さいシングルキャリア伝送方式であるDFTs-OFDM(Discrete Fourier Transform spreading-Orthogonal Frequency Division Multiplexing)をベースとして、送信側ではウィンドウ処理とオーバーラップ加算、受信側はオーバーラップFFTフィルタバンクを適用した、隣接チャネル漏洩電力が小さく、チャネル間非同期送受信の場合でも特性劣化の小さいWindowed-DFTs-OFDM方式を提案し、計算機シミュレーションにより伝送特性を評価した結果を述べる。 
(英) IoT(Internet of Things) to connect various "things" to the Internet is one of the most important applications in 5G mobile systems. In order to realize the IoT system, 5G system is required to connect a huge number of terminals and to support various transmission speeds for various types of IoT terminals in asynchronous manner. Thus, a new waveform such as FBMC(Filter Bank Multi Carrier) and UFMC(Universal Filtered Multi Carrier) are proposed to reduce adjacent channel leakage power. This report proposes a novel Windowed-DFTs-OFDM based on DFTs-OFDM(Discrete Fourier Transform spreading-Orthogonal Frequency Division Multiplexing) with low PAPR(Peak to Average Power Ratio) to achieve small adjacent channel leakage power and small transmission performance degradation in asynchronous transmission and reception. For this purpose, the proposed scheme employs windowing and overlap addition at the transmitter side and the overlap FFT filter-bank on the receiver. It also describes transmission performance of the proposed scheme evaluated by computer simulation.
キーワード (和) 隣接チャネル漏洩電力 / オーバーラップFFT / フィルタバンク / ウィンドウ処理 / / / /  
(英) Adjacent channel leakage power / Overlap FFT / Filter bank / Window processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 458, SRW2017-67, pp. 7-12, 2018年2月.
資料番号 SRW2017-67 
発行日 2018-02-21 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オーバーラップFFTフィルタバンクを用いたWindowed-DFTs-OFDM方式の特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of Windowed-DFTs-OFDM using overlap FFT filter bank 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 隣接チャネル漏洩電力 / Adjacent channel leakage power  
キーワード(2)(和/英) オーバーラップFFT / Overlap FFT  
キーワード(3)(和/英) フィルタバンク / Filter bank  
キーワード(4)(和/英) ウィンドウ処理 / Window processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 貴大 / Takahiro Okano / オカノ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 瀟岩 / Xiaoyan Wang / オウ ショウガン
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅比良 正弘 / Masahiro Umehira / ウメヒラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 09:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2017-67 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会