電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 11:00
制約充足問題を利用した多端子ネットに対する高速配線手法
山口沙樹高島康裕北九州市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,多端子ネットに対する配線問題に関して,制約充足問題(CSP)を利用して高速に配線を実現する手法を提案する.
従来手法では2端子ネットに対する制約充足問題を利用した手法が数多く研究されている.
しかし,従来手法を利用した多端子ネット配線では良い結果が得られなかった.
本研究では,緩和問題,乱択アルゴリズム,問題の縮約を利用し,高速化を行う.
緩和問題では,配線に対して冗長な経路を許容するという問題の緩和を行う.
乱択アルゴリズムでは,優先度による乱択アルゴリズムを利用して制約を削減し,高速な配線を実現する.
問題の縮約では,大規模問題に対して問題の縮約を行い,問題規模を小さくすることで配線の実現を試みた.
実験より,従来手法より高速に解を求めることができることを確認した. 
(英) In this paper, we propose a fast routing method using constraint satisfaction problem (CSP) for multi-terminal nets.
In the conventional method, a method using CSP for two-terminal nets has been studied.
However, there are few methods for multi-terminal nets.
In this study, we employ relaxation problem, randomized algorithm, and problem reduction for speed-up.
In the relaxation problem, a redundant routing is allowed.
Randomized algorithm based on the priority realizes fast routing.
Problem reduction reduces the problem scale.
The proposed method finds the routing solution much faster than the conventional method in our experiments.
キーワード (和) 多端子ネット配線 / 制約充足問題(CSP) / 緩和問題 / 乱択アルゴリズム / / / /  
(英) Multi-terminal net routing / Constraint satisfaction problem (CSP) / Problem relaxation / Randomized algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 455, VLD2017-92, pp. 19-24, 2018年2月.
資料番号 VLD2017-92 
発行日 2018-02-21 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD HWS  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2018-02-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 制約充足問題を利用した多端子ネットに対する高速配線手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A fast routing method for multi-terminal nets using constraint satisfaction problem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多端子ネット配線 / Multi-terminal net routing  
キーワード(2)(和/英) 制約充足問題(CSP) / Constraint satisfaction problem (CSP)  
キーワード(3)(和/英) 緩和問題 / Problem relaxation  
キーワード(4)(和/英) 乱択アルゴリズム / Randomized algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 沙樹 / Saki Yamaguchi / ヤマグチ サキ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高島 康裕 / Yasuhiro Takashima / タカシマ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2017-92 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会