電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 11:00
On Investigation of Directional Channel Model for Large Spacing Array MIMO -- Eigenvalues Comparison of Measurement and Channel Synthesis --
Dwi Joko SurosoKentaro SaitoJun-ichi TakadaTokyoTech
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) MIMO system gives benefit in terms of data rate and communication reliability. We investigate MIMO system in 11 GHz. Specifically in case of large-spacing element antenna or simply called as large-scale MIMO. The benefits of deploying antenna array which the element distance above 0.5 lambdas are i.e., no mutual coupling between antenna elements and its stability of singular value or eigenvalue spread. The double-directional channel model is used to synthesize the channel from measurement campaign in microcell scenario. By doing this comparative analysis can be done for measurement using large-scale MIMO and results from channel synthesis in terms of its eigenvalue distribution
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) MIMO / 11 GHz / Channel Synthesis / MIMO Channel Model / Directional Model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 458, SRW2017-66, pp. 1-6, 2018年2月.
資料番号 SRW2017-66 
発行日 2018-02-21 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Investigation of Directional Channel Model for Large Spacing Array MIMO 
サブタイトル(英) Eigenvalues Comparison of Measurement and Channel Synthesis 
キーワード(1)(和/英) / MIMO  
キーワード(2)(和/英) / 11 GHz  
キーワード(3)(和/英) / Channel Synthesis  
キーワード(4)(和/英) / MIMO Channel Model  
キーワード(5)(和/英) / Directional Model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Dwi Joko Suroso / Dwi Joko Suroso /
第1著者 所属(和/英) Tokyo Institute of Technology (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TokyoTech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Kentaro Saito / Kentaro Saito /
第2著者 所属(和/英) Tokyo Institute of Technology (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TokyoTech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Jun-ichi Takada / Jun-ichi Takada /
第3著者 所属(和/英) Tokyo Institute of Technology (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: TokyoTech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2017-66 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会