電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-28 15:40
モバイルセンシングと遅延耐性ネットワークの融合による地域内データ協調処理型異常検出システムの検討
渡辺良人荘司洋三NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,タクシー等の事業用車両によるモバイルセンシングと車車間(Vehicle-to-Vehicle; V2V)の遅延耐性ネットワーク(Delay Tolerant Network; DTN)を融合した地域内データ協調処理型異常検出システムを提案する.ドライブレコーダやスマートフォンを搭載した車両が地域内を走行中に交通事故や渋滞を起こしうる異常状態を機械学習等のアルゴリズムを用いて予測する.道路の予測状態は,少なからず誤りを含んでいるという仮定のもとで,道路状態の空間的な相関を隠れマルコフモデル(Hidden Markov Model; HMM)によってモデル化し,EM アルゴリズムによってパラメータ推定を行う.さらに,DTN を介して他車両から共有された信頼性の高い道路の予測状態を,自車両の予測状態列と組み合わせることで,ビタビアルゴリズムにおいてトレリスプルーニングの適用を可能とし,道路状態の推定精度の向上を目指す. 
(英) This paper proposes a novel cooperative anomaly detection system that uses mobile sensing and delay tolerant network (DTN) technologies. As an example application, the anomaly detection system in which vehicles detect dangerous states of the road that could cause traffic accidents and/or traffic jams is considered. Assuming that the predicted road states include some prediction errors, a hidden Markov model (HMM) is introduced for representing the spatial relationship among the road state sequence. Then, EM algorithm is employed to estimate the HMM parameters. The reliable road states shared with other vehicles by the DTN technology are combined with the locally predicted sequence to perform trellis pruning in the Viterbi algorithm, which further improves the accuracy of road state estimation.
キーワード (和) 協調異常検出 / 車車間通信 / 遅延耐性ネットワーク / 隠れマルコフモデル / EMアルゴリズム / ビタビアルゴリズム / トレリスプルーニング /  
(英) Cooperative anomaly detection / V2V communications / delay tolerant networks / hidden Markov model / EM algorithm / Viterbi algorithm / trellis pruning /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 457, SR2017-115, pp. 25-30, 2018年2月.
資料番号 SR2017-115 
発行日 2018-02-21 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2018-02-28 - 2018-03-02 
開催地(和) YRP 横須賀リサーチパーク 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2018-02-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイルセンシングと遅延耐性ネットワークの融合による地域内データ協調処理型異常検出システムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A community-based anomaly detection system by the synergetic use of mobile sensing and delay tolerant networks with cooperative data processing technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協調異常検出 / Cooperative anomaly detection  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / V2V communications  
キーワード(3)(和/英) 遅延耐性ネットワーク / delay tolerant networks  
キーワード(4)(和/英) 隠れマルコフモデル / hidden Markov model  
キーワード(5)(和/英) EMアルゴリズム / EM algorithm  
キーワード(6)(和/英) ビタビアルゴリズム / Viterbi algorithm  
キーワード(7)(和/英) トレリスプルーニング / trellis pruning  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 良人 / Yoshito Watanabe / ワタナベ ヨシト
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荘司 洋三 / Yozo Shoji / ショウジ ヨウゾウ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-28 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2017-115 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.457 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2018-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会