お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-22 16:40
有機-無機ハイブリッド材料をクラッドに用いたシリコン光導波路の温度依存性の評価
細谷聖人タン スサント フレディ杉原興浩宇都宮大OME2017-64 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2017-64
抄録 (和) TiO2ナノ粒子分散有機-無機ハイブリッド材料を作製し、屈折率の測定および熱光学効果の測定、評価を行った。TiO2ナノ粒子分散ハイブリッド材料では非常に負に大きい熱光学効果を実現した。また、アサーマルシリコン光導波路作製のためのシミュレーションを行い、アサーマルシリコン光導波路の作製の可能性を示した。 
(英) High refractive index and transparent polymer materials are of great importance for various kinds of photonic device applications.Organic polymers containing inorganic nanoparticles are promising candidate to realize such characteristics. We measured the Refractive Index and the thermo-optic effect. In addition, we designed Silicon photonics.
キーワード (和) シリコンフォトニクス / ナノ粒子 / ハイブリッド材料 / 高屈折率 / 熱光学効果 / / /  
(英) Silicon photonics / Nanoparticle / Hybrid Material / High Refractive Index / Thermo-Optic Effect / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 447, OME2017-64, pp. 29-32, 2018年2月.
資料番号 OME2017-64 
発行日 2018-02-15 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OME2017-64 エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2017-64

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2018-02-22 - 2018-02-22 
開催地(和) 東京農工大学 講義棟L0014 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 有機分子エレクトロニクス・フォトニクス、ポリマー光材料・デバイス、その他一般 
テーマ(英) organic molecular electronics and photonics, polymer optical materials and devices, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2018-02-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有機-無機ハイブリッド材料をクラッドに用いたシリコン光導波路の温度依存性の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Temperature dependent silicon waveguide with organic-inorganic hybrid materials as cladding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シリコンフォトニクス / Silicon photonics  
キーワード(2)(和/英) ナノ粒子 / Nanoparticle  
キーワード(3)(和/英) ハイブリッド材料 / Hybrid Material  
キーワード(4)(和/英) 高屈折率 / High Refractive Index  
キーワード(5)(和/英) 熱光学効果 / Thermo-Optic Effect  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 細谷 聖人 / Masato Hosoya / ホソヤ マサト
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) タン スサント フレディ / Freddy Susanto TAN / タン スサント フレディ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉原 興浩 / Okihiro Sugihara / スギハラ オキヒロ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-22 16:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2017-64 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.447 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OME-2018-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会