電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-22 10:25
不等間隔に存在する周波数帯域を用いた目標測距法
眞庭知成影目 聡原 照幸三菱電機
抄録 (和) 中心周波数の異なる複数の帯域で目標反射信号を受信し,その受信信号を合成することで高精度に測距可能な帯域合成レーダ方式がある.不要ピーク無く目標測距を行うためには連続した周波数帯域が必要であるが,広帯域に連続した周波数を確保するのは困難である.一方,干渉波抑圧の観点からは広帯域な周波数を用いて特定周波数での出力を低く抑える必要がある.上記問題に対して,我々は不等間隔に存在する使用可能周波数帯域を同一の中心周波数差で分割して送受信し,受信信号を分割条件に合わせて並び替え処理をすることで,各周波数帯域間の中心周波数差が等しい条件で帯域合成処理を実施する方法を提案する.また,計算機シミュレーションによる提案方法の原理検証結果について示す. 
(英) Synthetic bandwidth radar system, which receive target signals with different center frequencies and synthesizes the received signals, can ranging the target with high accuracy. To measure the target range without ambiguity, a continuous frequency band is necessary, but it difficult to obtain a continuous wide band frequency. On the other hand, to suppress interference waves, it is necessary to suppress output at a specific frequency by using a broadband frequency. In this paper, we propose a method to perform band synthesis processing the condition that the center frequency difference between each frequency band is equal. In this method, different usable non-uniformly spaced frequency bands are transmitted and received, and the received signal is rearranged according to the division condition. We show the target ranging evaluation results of the proposed algorithm by computer simulation.
キーワード (和) 合成帯域レーダ / 目標測距 / ステップ周波数 / 検出 / チャープz変換 / / /  
(英) Synthetic Bandwidth Radar / Target Ranging / Stepped Frequency / Detection / Chirp Z Transform / / /  
文献情報 信学技報, vol. 117, no. 445, SANE2017-109, pp. 1-5, 2018年2月.
資料番号 SANE2017-109 
発行日 2018-02-15 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SAT SANE  
開催期間 2018-02-22 - 2018-02-23 
開催地(和) 山口商工会議所 
開催地(英) The Yamaguchi Chamber of Commerce and Industry 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Application and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2018-02-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不等間隔に存在する周波数帯域を用いた目標測距法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Target Ranging Method Using the Non-uniformly Spaced Frequency Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 合成帯域レーダ / Synthetic Bandwidth Radar  
キーワード(2)(和/英) 目標測距 / Target Ranging  
キーワード(3)(和/英) ステップ周波数 / Stepped Frequency  
キーワード(4)(和/英) 検出 / Detection  
キーワード(5)(和/英) チャープz変換 / Chirp Z Transform  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞庭 知成 / Kazuaki Maniwa / マニワ カズアキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MELCO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 影目 聡 / Satoshi Kageme / カゲメ サトシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MELCO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 照幸 / Teruyuki Hara / ハラ テルユキ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: MELCO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-22 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2017-109 
巻番号(vol) IEICE-117 
号番号(no) no.445 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2018-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会