お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-21 11:35
2.4GHz帯無線ノードの距離に応じた通信品質の計測
安達 廉石澤鴻弥鈴木陽太野中直樹岩井将行東京電機大
抄録 (和) 近年の未成年の交通事故のうち, 最も死傷者数が多いのは6歳から12歳までの小学生である. 平成28年の警視庁の統計によると, 歩行中の事故では未成年全体の死傷者数のうち約半数近くとなる57%を占めている. また, 自転車を運転中の事故では未成年全体の死傷者数のうち35%を占め, 32%を占める高校生よりも多い数字となっている.
こうした交通事故を減らす取り組みとして画像認識や自動ブレーキといった技術が研究されてきた. しかし, これらの技術を駆使したとしても急な飛び出し等には対応することができない. そこで, 本研究では歩行者の情報を自動車に知らせることで事故を未然に防ぐことができると考え, 歩行者に無線通信モジュールを装着することを想定して歩行者と自動車間での距離に応じた通信品質についての検証実験を行った. 
(英) Among minor traffic accidents in recent years, the number of the most casualties is the elementary school students from the ages of 6 to 12. According to the statistics of the Metropolitan Police Department in the year of 2808, in the accident during walking, the casualties of the entire minor It accounts for 57%, which is close to half of the number, and accounts for 35% of casualties and injuries of all minors in an accident while driving a bicycle, and it is more numerical than high school students accounting for 32% There.
Technologies such as image recognition and automatic braking have been studied as efforts to reduce such traffic accidents, but even if these technologies are utilized, it is not possible to cope with sudden jumping out etc. Therefore, in this research, We believe that accidents can be prevented in advance by notifying the information to the automobile, assuming that a pedestrian wears a wireless communication module, verification experiments on the communication quality according to the distance between the pedestrian and the automobile went.
キーワード (和) IoT / センシング / 歩行者検知 / / / / /  
(英) IoT / Sensing / Pedestrian detection / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HPB  
開催期間 2018-02-21 - 2018-02-21 
開催地(和) 東京電機大学 
開催地(英)  
テーマ(和) Human Probeが創るData CityとSmart Life 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HPB 
会議コード 2018-02-HPB 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2.4GHz帯無線ノードの距離に応じた通信品質の計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Basic Measurement of Wireless Communication Quality according to Distance of 2.4 GHz-band Radio Sensor Nodes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) センシング / Sensing  
キーワード(3)(和/英) 歩行者検知 / Pedestrian detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 廉 / Ren Adachi / アダチ レン
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石澤 鴻弥 / Kouya Ishizawa / イシザワ コウヤ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽太 / Youta Suzuki / ズスキ ヨウタ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野中 直樹 / Naoki Nonaka / ノナカ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 将行 / Masayuki Iwai / イワイ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-21 11:35:00 
発表時間 15 
申込先研究会 HPB 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会